COIN TOKYO

¥864,964
BTC -0.14%
¥18,897
ETH -0.28%
¥32.16
XRP -0.43%
¥23,225
BCH -0.24%
  • 2019/07/03
  • 2019/07/03
  • コイン東京編集部 ritz

仮想通貨取引所Bitfinex、Tether社に7億ドルのローンのうち1億ドルを返済

このエントリーをはてなブックマークに追加
BitfinexがTether社に7億ドルのローンのうち1億ドルを返済
仮想通貨取引所Bitfinexは、ステーブルコイン「USDT」を発行する姉妹会社Tetherへ1億ドル相当の借入を返済したと主張している。Bitfinexは、投資家から資金を調達するために、ネイティブトークン「LEO」を通じた10億ドル相当のトークンセールを5月に実施していた。この計画が上手く機能した事を示しています。

“Bitfinexは2019年7月1日に、Tetherに未払いの融資枠のうち1億ドルを返済したことを発表できて喜ばしい。Bitfinexは、この支払いをフィアットのワイヤー送金でTether社の銀行口座に送った。...Bitfinexは2019年第2四半期末の財政状態に基づいて前払いした。

Bitfinexは2019年6月30日の終わりまでに融資枠の下で発生したすべての利子もまた、全額前払いでフィアットで支払った。”

7億ドルのローンのうち1億ドルを返済

「約束通り、借金王のフィネクスは返済している」とBitfinexのCTO、パオロ・アルドイノ(Paolo Ardoino)氏は付け加えた。

今年4月のニューヨーク州検事総長事務所(NYAG)の法的申立てによると、2019年初めに仮想通貨取引所BitfinexはTetherの準備金から7億ドルを借り入れた。Bitfinexは、決済処理会社Crypto Capitalの3か国で凍結された8億5000万ドルの資金を補うために現金を必要としていたと見られている。

ニューヨーク州司法長官は、世界中を駆け巡る詐欺調査の中で、複数の外国政府がBitfinexの支払い処理会社Crypto Capital Corpsから同額の資金を差し押さえた後、Tether社の準備金から約7億ドルを借入れたと告発した。

Tether社の準備金は、ステーブルコイン「テザー(USDT)」の裏付け資金である。CoinMarketCapによると、7月3日時点に39.2億枚のUSDTが発行され、36億枚のUSDTが循環しています。

準備金の流用はテザー(USDT)の信用問題に直結するため、暗号コミュニティでは波紋を呼びました。Tether社は長年、発行したUSDTは1対1で米ドルで「完全に裏付されている」と主張していた。

Tetherは今年3月にUSDTの発行規定を静かに改訂し、「現金相当物」にも裏付けられていると主張した。5月に最高裁判所に対して、発行しているUSDTのうち74パーセントのみが米ドルで裏付けられており、残りはビットコイン(BTC)を含む現金相当物に担保されていると認めた。

先述の凍結された資金を補うため、Bitfinexは5月4日にLEOトークンセールを開始し、プライベートセールのみで10億ドル以上の資金調達を成功させたと主張しました。5月20日に上場したLEOの時価総額は17億ドルに拡大しており、Coin Market Capのランキングで市場13位に位置しています。

5月以降、ビットコイン(BTC)の価格が急上昇した一方で、Tetherの発行量も増加し続けました。一部のアナリストは、Tetherがビットコインの価格を押し上げるために使用されたと主張しています。一方、香港を拠点とするTetherは、中国市場に多くのOTC(相対取引)ネットワークを有し、退避資金の受入れ口として機能していると見る人もいる。

関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る