COIN TOKYO

¥1,109,568
BTC +0.06%
¥21,517
ETH +0.09%
¥28.33
XRP -0.10%
¥33,383
BCH +0.07%
  • 2019/07/03
  • 2019/07/03
  • コイン東京編集部

世界初「食べるだけ」で暗号通貨が貯まるグルメSNSサービス「シンクロライフ」が提供開始

Press release

このエントリーをはてなブックマークに追加
グルメSNSサービス「シンクロライフ」
トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKAN(本社︓東京都港区、代表取締役 CEO︓神⾕知愛 読み︓ギンカン)は、世界で初めて、⾷事代⾦の最⼤20%が暗号通貨で還元されるサービスの提供を開始しました。(※)
本サービスは、2018 年9 ⽉実施の東急プラザ銀座内レストラン21 店舗における実証実験を経ての正式リリースとなります。このシンクロライフの店舗送客の仕組みは特許出願中です。(特許出願番号2019-116381)
※実店舗飲⾷店で会計⾦額から⼀定⽐率分の暗号通貨を時価レート換算で還元するという条件において。2019 年7 ⽉1 ⽇現在、当社調べ。

グルメSNS シンクロライフ

シンクロライフは、ブロックチェーンを活⽤し、優良なレビュアーへの暗号通貨報酬を搭載する世界初のグルメSNS です。またAI によって、どこにいても5 秒で美味しいお店に出会えるレコメンド機能を搭載しており、レストラン検索の煩雑さを解消するグルメアプリでもあります。

すでに⼝コミは19 万件、掲載店舗数は10 万店舗を超えています。SNS 形式での⼝コミ投稿アプリとしてサービスを開始し、2018年8 ⽉からはレビュアー・⼝コミの信頼スコアに応じて暗号通貨「シンクロコイン」を付与していました。

2019 年7 ⽉1 ⽇より、シンクロライフのユーザーは、本サービス加盟店で飲⾷することで会計⾦額の1%〜5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最⼤20%)相当の暗号通貨「シンクロコイン・SYC」を受け取れるようになります。暗号通貨は、店舗から提供されるQR コードを読み取ることで、⾃動的にシンクロライフアプリのウォレットに付与されます。

飲⾷店は完全成功報酬型で集客が可能に

本サービスは、飲⾷店にとっても画期的な集客⼿段となり得ます。飲⾷店は、初期費⽤・⽉額費⽤なしでシンクロライフの加盟店になることができます。スマートフォンやタブレットで運⽤ができるため、端末の費⽤もかかりません。

加盟店は、シンクロライフ経由の飲⾷代⾦の5%の⽀払いのみで、シンクロライフ上に広告掲載することができます。さらに⼀度来店したユーザーには、シンクロライフ内で⾃動的にCRM 施策が実施され、リピートへのアプローチができるようになります。

これは加盟店にとって、飲⾷業界には珍しい完全成功報酬モデルの集客⼿段となります。既存の多くのグルメサイトは、⽉額制の広告モデルを採⽤しており、飲⾷店にとって負担が⼤きいものでした。またCRM 施策の実施においても、⾃前で会員登録の斡旋などが必要でした。

シンクロライフの加盟店になることで、リスクや⼿間のない集客が実現できます。弊社は多くの飲⾷店が悩みを抱える広告モデルの集客⼿段を、飲⾷業界の課題だと感じていました。本サービスのリリースが、従来の広告モデルを壊し、全く新しい飲⾷店のマーケティング⼿法誕⽣のきっかけになることを⽬指しています。

【飲⾷店向けWEB サイト】
SynchroLife for Business︓https://business.synchrolife.jp/

加盟店は都内を中⼼に7 ⽉中に50 店舗が登録予定。2019 年中に加盟店1,000 店舗を⽬標にしています。⽇本だけでなくアジア圏でもシンクロライフを展開し、世界中の⼈々が⾷事という消費体験からデジタルアセット(暗号通貨)を保有できるトークンエコノミーの世界を⽬指します。

そして飲⾷市場から始まるフィンテック事業領域で成⻑すべく、様々な企業との協業を予定しています。

広告費が価値の裏付けとなる暗号通貨「シンクロコイン」

シンクロコインはブロックチェーンベースの暗号通貨トークンです。2017 年9 ⽉に⾹港法⼈SynchroLife Limited により発⾏され誕⽣しました。現在は海外取引所LATOKEN に上場しており、イーサリアム建てで取引されています。(ICO 時の価格約0.4 円 現在価格 約0.8 円 ※6 ⽉30 ⽇時点)

海外では、ビットコインや法定通貨とも取引所を通じて交換可能であり、全世界で共通価値を持つボーダレスなデジタルアセットです。またユーザーへ還元される暗号通貨「シンクロコイン・SYC」は常にシンンクロライフが取引所で買い戻しを⾏い、付与されます。

加盟店が⽀払う広告費が買い戻しの原資となり、広告収益の規模が⼤きくなることで買い戻し量も増加します。よって、ユーザー加盟店で⾷事をすればするほど価値が形成される暗号通貨となります。今後は、決済⼿段やギフト券、⾷事券への交換などの⽤途で利⽤可能となる予定です。

SynchroCoin プロジェクトの詳細はこちらをご参照ください。
https://synchrolife.org

グルメSNS アプリ「シンクロライフ(SynchroLife)」について

シンクロライフは、ブロックチェーンを活⽤し、優良なレビュアーへの暗号通貨報酬を搭載する世界初のグルメSNS です。現在155 カ国と4 ⾔語(⽇本語、英語、韓国語、中国語)で展開。iOS 版とAndroid 版を公開しています。

「優良なレビュアーへの暗号通貨報酬」「飲⾷代⾦の暗号通貨還元」を⾏い、飲⾷店のマーケティング課題の解決に取り組んでおります。同時に、誰しもにとって⾝近な「⾷事」という消費活動を通して、グローバルなトークンエコノミー社会の実現を⽬指し、フィンテック領域で事業展開を⾏っています。

三菱UFJ フィナンシャル・グループが主催するMUFGDigital アクセラレータプログラム第4 期ファイナリストに採択されており、Plug and Play Japan Batch1 FinTech 部⾨にて優勝いたしました。


-iPhone
推奨環境︓iPhone 5 以上、iOS 9 以上
ダウンロードURL︓ https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449

-Android
推奨環境︓Android 6.0 以上
ダウンロードURL︓https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife

-WEB サイト
URL︓https://www.synchrolife.io/

-飲⾷店向けWEB サイト
SynchroLife for Business︓https://business.synchrolife.jp/

-SynchroCoin プロジェクトサイト
URL︓https://synchrolife.org

-SynchroCoin プロジェクトブログ
https://medium.com/synchrocoin-jp

会社概要

・会社名︓株式会社GINKAN
・所在地︓東京都港区南⻘⼭1 丁⽬12-3 LIFORK MINAMI AOYAMA N213
・代表者︓代表取締役 CEO 神⾕知愛
・設⽴︓2015 年12 ⽉
・資本⾦112,810,000 円(資本準備⾦含む)
・URL︓http://ginkan.jp

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る