COIN TOKYO

¥1,105,727
BTC +1.02%
¥23,635
ETH +0.54%
¥34.20
XRP +0.54%
¥33,187
BCH +0.78%
  • 2019/07/05
  • 2019/07/05
  • コイン東京編集部

中国のビットコインSV(BSV)コミュニティ、アルトコインAelf(ELF)創設者の批判に徹底抗戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国のビットコインSV(BSV)のコミュニティーが、BSVを牽引するクレイグ・ライト(Craig Wright)氏に対する論争を巡り、Aelf(ELF)創設者との戦いが起きている。中国の仮想通貨ニュースメディア8BTCが伝えた。

反BSVキャンペーン

2017年末に設立されたマルチチェーン並列コンピューティングネットワークであるAelf(ELF)は、現在、時価総額110億円、市場74位にランクしています。

6月末、Aelfの創設者Ma Haobo氏は、中国版ツイッター「Weibo」でハッシュタグ「#抵制BSV哭泣假本聪#(#BSVと泣いた偽サトシをボイコット)」キャンペーンを開始して、クレイグ・ライト氏(以下「CSW」)を詐欺師と公然と批判している。故デイブ・クレイマン氏の遺族による訴訟で、米国フロリダ州で開かれた公判で、CSWの振る舞いが取り沙汰された後の事だ。

このキャンペーンは、F2Poolの共同創設者Mao Shixing氏やマイニングプールPoolinの共同創設者Zhu Fa氏を含む中国で著名な仮想通貨プレイヤーの支持を得たとされ、「反BSV同盟」が組まれたという。#抵制BSV哭泣假本聪#は、5日時点に閲覧数が26万以上に達している。

やがて、時価総額35億ドルで市場9位のビットコインSV(BSV)のコミュニティが決起し、Aelf創設者の動きを批判した。BSVの支持者は、Maが自身のプロジェクトのセルフマーケティングのために、反BSVキャンペーンを起こしたと主張した。

AELFプロジェクトが言及した金融サービス、保険、スマートシティ、Internet of Thingsなどの商業的用途も実現性が薄いと指摘。さらに、BSVコミュニティの一部の過激派は、Aelfの価値をゼロに引き下げるとも主張した。

Maは宣伝目的との指摘を否定したものの、40以上もの投稿を連続して配信しており、BSVだけでなくトロン(TRX)を含む複数のプロジェクトについて同様の攻撃を繰り広げている。

1日にBlockBeatsのインタビューに応えたMa氏は、反BSVのプロセスは業界の多くの友人によって支援されており、彼らもBSVコミュニティメンバーに襲われたが、活動に支障は無いと述べた。BlockBeatsはまた、AELFの創設者であるMaによって始められた反BSVキャンペーンは、いくつかの反BSV活動の1つに過ぎないと伝えた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る