COIN TOKYO

¥1,102,098
BTC +0.55%
¥23,605
ETH +0.55%
¥34.15
XRP +0.38%
¥33,080
BCH +0.35%
  • 2019/07/09
  • 2019/07/09
  • コイン東京編集部

中国人民銀行リサーチャー「フェイスブックのLibraが、中央銀行の暗号通貨の計画を急がせる可能性」と言及

このエントリーをはてなブックマークに追加
FacebookのLbra(リブラ)が中国に与える影響
中国人民銀行(PBoC)のオフィシャルによると、フェイスブックの仮想通貨Libra(リーブラ)がさまざまな分野で伝統的なマネーに対する脅威となる可能性がある。リサーチャーは、Libraが中国に独自の暗号通貨の計画を加速するよう促すかもしれないと語った。8日にSCMPが報じた。

中央銀行の暗号通貨の計画とフェイスブック

フェイスブックは6月中旬に、フィアット通貨と国債のバスケットに裏付けされた仮想通貨Libraと、それに関連するブロックチェーンを基盤とした金融インフラプロジェクトの計画を発表した。

8日に北京大学のデジタルファイナンス研究所で行われた会議で、PBoCの研究局長であるWang Xin氏は、「Libraが国際的な決済に広く使用され、事実上お金のように扱われる場合に、金融政策、金融の安定性、そして国際通貨システムにどのように影響を与えるだろうか?」と述べた。同氏によると、PBoCはLibraに高い関心を寄せている。

北京は仮想通貨を金融リスクの原因と見なしており、2017年以来、中国ではビットコインを含むデジタル通貨の上場や取引事業の全面禁止を維持している。

PBoCは、ビットコインを含む暗号通貨からの課題に対抗するため、2014年にデジタル通貨の研究を開始しました。2017年には、研究を促進する研究機関が設立されました。今、Libraが、中国独自のデジタル通貨の開発を加速させる可能性があります。「我々は早いスタートを切りましたが、我々のリードを統合するために多くの作業が必要です。」とWang氏は語る。

Wang氏は、フェイスブックがどの通貨を使用するのか、米ドルが役割を果たすのかどうかを、中国は正確に知る必要があると指摘した。もしLibraがドルと密接に関連しているのであれば、それが国のフィアット通貨が「米ドル中心のデジタル通貨」と共に機能することを意味するかもしれないと述べた。Wang氏によると、中国はそうした状況を黙って見る訳にはいかない。

「本質的には1つのボス、つまり米ドルと米国が存在するだろう。その場合、結局は一連の経済的、財政的、国際的な政治的影響をもたらす事になる。」

Wang氏によると、PBoCは国務院の承認を受けた後、中央銀行のデジタル通貨の開発に向けて市場機関と協力してきた。しかし、進展の過程は公示されていません。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る