COIN TOKYO

¥1,098,454
BTC +0.33%
¥23,469
ETH -0.21%
¥34.10
XRP +0.25%
¥33,053
BCH +0.46%
  • 2019/07/09
  • 2019/07/09
  • コイン東京編集部

ドイツ銀行の大規模な人員削減が、ビットコインの新たなターニングポイントになるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ銀行の大規模なレイオフのニュースが報じられた8日、ビットコイン価格は再び上昇して12,000ドルを越えました。9日朝に12299ドル(1,352,800円)で取引されており、過去24時間で6.7%上昇しています。

ビットコインの強気を示すテクニカルとファンダメンタルズ

WSJによると、ドイツ銀行は7日、2022年までに1万8000人の従業員を削減すると発表しました。過去4年間で3度目のリストラを行い、複数の幹部が退社すると伝えました。近年は世界を舞台に債券取引などで米投資銀行と争ってきたが、国内事業に回帰する意向を示唆している。

ドイツ銀行の元従業員メディオ・デマルコ氏はツイッターで、1年前に仮想通貨に移ったと述べた。LinkedInによると、デマルコ氏は2年間ウォール街でドイツ銀行に勤めました。彼は、仮想通貨リサーチ企業Delphi Digitalの共同創設者です。

「私が昨年ドイツ銀行を去ったとき、同僚の多くは私が仮想通貨業界に入る事をリスキーと思っていたと確信している。私はむしろ、彼らがそこに留まる方がより大きなリスクを冒していると思った。」

一方で、ファンダメンタルズとテクニカルシグナルの両方がビットコインの強気を示しています。ブルームバーグは日本時間9日1時、「VERA BANDS」というテクニカル指標を用いて、「BTCがバンドの上限を超えて取引されており、急激な上昇が見込まれる」と指摘した。

今年2月上旬に初めてVERA BANDSの上限を超えた後、当時の最高値に達しました。6月中旬に再びブレイクした際、3日後に13,851ドルの年初来高値を付けました。

ファンダメンタルズの観点から、Oanda CorpのEdward Moya氏によると、現在、非常に強気を示しています;

「ブロックチェーン技術に対する機関的な関心が減速する兆候が無いため、ビットコインは大きな突破口へと巻き上げているようだ。今回のバブルのような利益は、強固な機関上の関心に牽引されており、セキュリティは依然として大きなリスクである一方、ビットコインが初期の成長痛の多くを克服しているようだ。」

昨年、ECB(欧州中央銀行)の幹部は、「ビットコインは2008年の金融危機で生まれた『悪魔の子』」と発言しました。コミュニティの間では、ドイツ銀行の問題がビットコインの歴史上の一つの変曲点になる可能性が囁かれ始めている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る