COIN TOKYO

  • 2019/07/25
  • 2019/07/25
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Eコマース大手Newegg、新たに73か国でビットコイン決済を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
Eコマース大手Neweggが新たに73か国でビットコイン決済を導入-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
24日、ハイテク機器・ソフトウェアのEコマース大手Neweggは、新たに73か国でビットコイン決済を導入する事を発表しました。米国を本拠とするNeweggは80ヵ国で展開しています。Neweggの利用客は、サービスを提供しているほぼすべての国でビットコインを使って支払いができるようになりました。

新たに73か国でビットコイン決済を導入

Neweggは、2014年7月に最初に北米でビットコイン支払いの提供を開始しました。NeweggのグローバルセールスプレジデントであるAnthony Chow氏は、以下のように述べています。

「当社のグローバルネットワークの大部分へのビットコイン決済能力の拡張は、『オンラインショッピング体験に革新をもたらす』という当社のコミットメントを強調し、ビットコイン支払オプションに対する顧客のニーズの高まりに応えます。」

ビットコイン決済は、Neweggとブロックチェーン・ペイメント・プロバイダーのBitPayとの提携により実現しています。BitPayのソニー・シン(Sonny Singh)CEOは以下のように述べている。

「ビットコインの使用において、ユーザーはEメール送信と同様に簡単にお金を送受信できます。安全で低コストの商取引の選択肢として、企業や消費者に世界規模で機会を提供することができます。Neweggはこの機会を活用した最初の企業の1つであり、世界中のほぼすべての顧客にビットコインの受け入れを拡大します。」

Neweggは、BitPayを使用することで、クレジットカード手数料を回避でき、取引の利益率を高めることができると付け加えた。BitPayはEコマースパートナーの間で、年間10億ドル以上のビットコイン・トランザクションを処理しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る