COIN TOKYO

¥1,083,407
BTC +0.28%
¥20,001
ETH -0.13%
¥28.19
XRP +0.16%
¥32,083
BCH +0.48%
  • 2019/08/04
  • 2019/08/04
  • コイン東京編集部

MoneyGramがリップル(XRP)ベースのxRapidを始動、「文字通り数秒の決済通貨」

このエントリーをはてなブックマークに追加
MoneyGramがリップル(XRP)ベースのxRapidを始動-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
国際送金大手MoneyGram(マネーグラム)のアレックス・オルムズCEOは2019年第2四半期の収益報告会で、今週「xRapid」をローンチしたことを明らかにしました。xRapidは、リップル(XRP)搭載のクロスボーダー決済プラットフォームです。

オルムズCEOは、Ripple社が開発したブロックチェーン技術が、国境間支払いを数秒で決済できることを確認しました;

「今日、MoneyGramがRipple社のxRapidプラットフォーム上で稼働中で取引中であることを発表できてとても嬉しく思います。私たちは今週初めに取引の執行を開始しましたが、すべての兆候はこれが関係するすべての当事者にとって非常に有益な関係であることを示しています。私たちは文字通り数秒で通貨間を決済しています(決済通貨:国際為替市場で、他国の通貨と交換がしやすい通貨のこと)。...これは本当にクールです。」

MoneyGramは、どの回廊でこの技術を使用するのかを確認していません。

国際送金大手がXRPベースのxRapidを利用

MoneyGramは、2018年通期の総収入14億4,760万ドルで世界第2位の送金会社です。200カ国以上で120を超える通貨を使用して、約35万の代理店間でサービスを提供しています。

国際送金のブロックチェーンソリューションプロバイダーRipple社は先月、MoneyGramへの出資と提携を発表しました。Ripple社は、MoneyGram株の約10%(3000万ドル)の株式を1株当たり4.10ドルのプレミアム価格(当時1.45ドル)で購入しました。今後2年間で、さらに2,000万ドル相当の株式を購入するオプション付きです。

オルムズ氏は、Ripple社とのパートナーシップが世界各地で資金を移動させる能力の向上に役立つと述べました。

MoneyGramは、クロスボーダー決済にxRapidとXRPを利用することで、「運転資金の需要を減らし、さらなる収益とキャッシュフローを生み出す可能性がある」と期待しています。オルムズ氏は「パートナーシップにより、資金調達コストを日々の取引により合わせることが可能になり、グローバルな流動性管理の合理化に役立つだろう」と考えています。

「xRapid」は、クロスボーダー支払いを行う際にXRPの流動性を利用するサービスです。金融機関にとって目的地通貨の事前調達の手間を省き、従来のコルレス銀行よりも早く、低コストで支払いを処理することができます。2018年の米国-メキシコ間の送金パイロットでは、外国為替コスト40%~70%の削減、平均支払い時間2分強、送金資金がxRapidに載っていた時間は2〜3秒、と報告されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る