COIN TOKYO

¥787,757
BTC -3.21%
¥16,627
ETH -1.86%
¥25.77
XRP -1.01%
¥22,738
BCH -2.74%
  • 2019/08/07
  • 2019/08/07
  • コイン東京編集部 ritz

連邦準備銀行(FRB)、リアルタイム決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
FRBがリアルタイム決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
連邦準備銀行(FRB)は、2023年または2024年にローンチ予定とする24時間リアルタイムな支払い・決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表しました。民間部門に匹敵する即時決済を提供するため、インフラのアップグレードを検討します。

24時間リアルタイム決済サービスを計画

ネットワークごとの銀行間の年間支払い量
ネットワークごとの銀行間の年間支払い量 出典:国際決済銀行 WSJによると、直接預金と手形取引は政府と民間のペイメント・ネットワークでほぼ同等の処理量となっています。

FRBは現在、サービスの提供方法に関するパブリックコメントを求めている。FRBは2018年に迅速な決済サービスに関するパブリックコメントを要求し、回答者の90%以上が24時間年中無休の支払い・決済サービスに関心を示していた。

FRBのジェローム・パウエル議長は、新たなネットワークが個人や企業の即時取引をサポートし、現行のインフラでは対応していない24時間アクセスを提供すると述べています。

FRBのネットワークは、シティグループやJPモルガンなどの民間銀行が立ち上げたネットワークと並行で利用されている。そのため、民間ネットワークへの接続よりも公的ネットワークを優先させるために、民間の金融機関の支払・決済を遅らせるとも指摘されています。

連邦準備制度理事会のラエル・ブレイナード理事は、インフラの拡張は、アクセスの拡大を目的としていると述べた。

「連邦準備制度は、将来のリアルタイム決済サービスであるFedNow ServiceSMを開発します。そこでは、誰もが即座に安全な支払いを行う能力にアクセスでき、すべての銀行がそのサービスをコミュニティに提供する機会を得ます。FedNowは、全国のあらゆるコミュニティのあらゆる規模の銀行が、顧客にリアルタイムな支払いを行うことを可能にします。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る