COIN TOKYO

¥1,096,342
BTC +0.07%
¥20,126
ETH -0.12%
¥28.71
XRP +0.14%
¥32,976
BCH +0.10%
  • 2019/08/09
  • 2019/08/09
  • コイン東京編集部

ビットコインとS&P500の「負の相関関係」が過去1か月間に顕著にーSFOXレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインとS&P500の「負の相関関係」が過去1か月間に顕著に
仮想通貨の洞察と分析会社SFOXのレポートによると、過去1か月間に世界的な金融市場不安が進行する中で、ビットコインとS&P500の負の相関関係が確認されています。

ビットコインとS&P500の「負の相関関係」

SFOXは、8つの主要な取引所と流動性プロバイダーからの価格・出来高・ボラティリティデータを分析しています。同社は7月1日から8月5日までのデータに基づいて、「金融市場の不確実性をヘッジするために、ビットコインは投資されているかもしれない。」と報告しました;

「米中貿易戦争が続いており、ビットコイン周辺で規制の明確化が進んでいるため、BTCはグローバルヘッジとしてますます台頭しているようです。」

この結論は、S&P 500が現時点で、ビットコインと負の相関があるという指標に基づいています。S&P500は、米国で時価総額の大きい主要500社で構成する時価総額加重平均型の株価指数です。

データによると、ビットコインはS&P 500と-0.4の相関関係(1〜-1のスケール)を示しています。他方、ビットコインはアルトコインと強い正の相関関係を示しました。

7月以降のBTC・金価格、S$Pの変動 

SFOXはまた、ビットコイン価格の高騰に影響した上図2つのポイントを指摘しました。

・中国杭州インターネット裁判所が、ビットコインを「仮想財産」として認める判決を下した(7月18日)。
・人民元が10年ぶりの最低値に下落した(8月5日)。

人民元が10年ぶりに1ドル=7元で取引された8月5日、ビットコイン(BTC)価格は10851.06ドルから11645.48ドルまで7%上昇しました。さらに、中国の裁判所でビットコインが仮想財産と認められた事は規制上の一つの明確さを表しています。SFOXは、「米中貿易戦争の間、米中両方のトレーダーの一部は、ビットコインを安全資産と見ている可能性を示唆している。」と指摘しました。

しかし、金(ゴールド)マニアでビットコイン懐疑論者のピーター・シフは、この結論に同意しません。シフは「中国人は安全資産としてビットコインを買っていない。中国人が安全資産としてビットコインを買うと、投機家が賭けているだけだ。!」とツイートしました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る