COIN TOKYO

¥1,083,304
BTC +0.14%
¥20,001
ETH -0.15%
¥28.24
XRP +0.23%
¥32,022
BCH +0.06%
  • 2019/08/10
  • 2019/08/10
  • コイン東京編集部

ライトコイン(LTC)はレジスタンスラインの上抜けに期待、ライトコインの今後を価格チャートから分析【2019/8/10】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトコインの今後を価格チャートから分析【2019/8/10】-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
先日暗号資産(仮想通貨)の一大イベントである半減期を迎えたライトコイン(LTC)。
ライトコイン(LTC)は半減期直前に価格を一時的に暴騰させましたが、以降価格を下落させ続けています。現在以前からサポートとして機能しているラインで再び反発の姿勢を見せており、今後の展開に注目が集まります。
今回は対USDのライトコイン(LTC)の価格チャートを確認し、分析していきます。

下降トレンドラインを上抜けしたライトコイン(LTC)は、レジスタンスを上抜けできず失速

ライトコイン(LTC)の対USD4時間足価格チャート①

対USDのライトコイン【LTC/USD】4時間足チャートを確認していきます。

7月下旬に今年高値から続く下降トレンドライン(赤)を上抜けしたライトコイン(LTC)は、その後価格を伸び悩ませていましたが、ロールリバーサル(レジサポ転換)したラインでサポートされその後価格を上昇させました。

半減期当日に価格を一時的に暴騰させたライトコイン(LTC)でしたが、7月中旬から意識されているレジスタンス(オレンジボックスライン、107USD付近)を越えられず失速しています。

現在再びロールリバーサルしたラインで反発の姿勢を見せており(黒丸)、今後再び価格を上昇させていけるか注目です。

半減期以降パッとしない動きを見せるライトコイン(LTC)、今後は直近のレジスタンスを上抜けできるかがポイント

ライトコイン(LTC)の対USD4時間足価格チャート②

引き続き対USDのライトコイン【LTC/USD】4時間足チャートを確認していきます。

半減期以降弱気な相場が続いているライトコイン(LTC)ですが、まずは直近のレジスタンスである88USD付近の価格帯(オレンジボックスライン①)の突破を図りたいところです。

オレンジボックスライン①の価格帯を上抜け後しっかりとサポートとして機能させられることができれば、中期的に再び107USD付近のレジスタンス(オレンジボックスライン②)を目指す展開も期待できそうです。

オレンジボックスライン①を超えられずに再び価格を落としていく場合、7月の底値である77USD付近のサポートを試しにいく可能性は高く、警戒が必要です。

半減期という一大イベントが過ぎたライトコイン(LTC)は、今後しばらく落ち着いた値動きを見せると考えられますが、価格チャート上での節目となるポイント付近での値動きには注目しておきましょう。



本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る