COIN TOKYO

¥780,160
BTC +0.05%
¥15,644
ETH +0.07%
¥23.81
XRP -0.01%
¥22,701
BCH +0.11%
  • 2019/08/13
  • 2019/08/14
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

米Poloniex、CLAMマージン市場の損失をビットコインで払い戻し

このエントリーをはてなブックマークに追加
米Poloniex、CLAMマージン市場の損失をビットコインで払い戻し-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
米国の仮想通貨取引所Poloniexは、5月にClAMトークン価格の暴落で損失を被ったレンダー(貸し手)に手数料を付与し始める事を発表しました。8月後半から、損失が完全に補われるまでPoloniexの取引手数料がBTCでクレジット(入金)されます。

1800 BTCの損失をビットコインで払い戻し

公式ブログによるとPoloniex取引所は、6月6日に発表した損失補填ロードマップの、新たなプロセスを実行します。

Poloniexは、2014年に以来、CLAMのマージン取引を提供していました。しかし2019年5月26日に、PoloinexのClAMマージン取引市場は当時1350万ドル相当(1,800BTC)のフラッシュクラッシュを経験し、わずか45分でCLAMの価格は77%下落しました。ローン総額のかなりの部分がCLAMで担保されていたため、借り手のポジションと担保の両方が同時に価値の大部分を失いました。

PoloniexのBTCローンは、すべての市場と借り手で共有される共通プールに貸し出されます。損失の発生時には「ソーシャル・クローバック(調整)」が発動し、デフォルト資金をカバーします。CLAMの急落では、ビットコインのマージンレンディングプールに保持されていた資金の16.2%が使用され、Poloniexユーザーの0.4%に影響を与えました。

当時、Poloniexは不正を疑っていました。マージン取引内のCLAMの流動性の不足に加えて、あまりに急激な売り注文の速度のために、フラッシュクラッシュが意図的なものと訴えました。Poloniexは、デフォルトとなった借り手を調査すると述べていたが、その結論はまだ明らかにされていません。

Poloniexは6月14日に、影響を受けたレンダー(貸し手)のアカウントへ再クレジットを開始し、影響を受けたアカウントの10%に180 BTCが付与されました。これは、全体の損失額1,800 BTCの約10%に相当します。

CLAMのフラッシュクラッシュを経て、Poloniexは流動性の乏しい資産(BTS、CLAM、FCT、およびMAID)のマージン取引市場を閉鎖しました。

8月11日、大量取引を検知するボットWhale Alertは、5,000 BTCのPoloniexへの送金を報告していました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る