COIN TOKYO

¥1,083,070
BTC -0.11%
¥20,033
ETH +0.07%
¥28.18
XRP -0.01%
¥31,998
BCH +0.18%
  • 2019/08/14
  • 2019/08/14
  • コイン東京編集部

英国の広告規制団体ASA、BitMEXの新聞広告を「誤解を招く」と注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国の広告規制団体ASA、BitMEXの新聞広告を「誤解を招く」と注意-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXが、英国の広告規制当局から批判を受けています。英国の独立広告規制当局である英国広告標準局(ASA)は、BitMEXが大手メディアThe Timesに「誤解を招くビットコイン価格チャート」を表示したと指摘しています。The Blockが伝えました。

BitMEXの新聞広告を「誤解を招く」と注意

14日のASAの発表によると、BitMEXは今年1月3日に2ページに渡るビットコインの新聞広告をTimesに掲載しました。2009年1月から2019年1月までの価格チャートを使用しました。しかしASAは、広告の説明が不十分であり広告コードに違反していたと指摘しています。

ASAは4つの苦情を受け取っており、クレーマーはそれぞれ「誇張された投資リターン」、「リスク説明の不備」を指摘、2人は「誤解を招く表現」を批判したという。BitMEXサイドは、広告はビットコインの10周年を記念して作成したもので、ビットコイン投資に対する楽観的な見通しを強調する目的や、同社の商品を宣伝する意図はないと反論しています。また、価格チャートは対数スケールで表現されたが、2010年8月18日から約5,200,000%の成長を、緩やかな上昇として表現する上で賢明な方法だったと述べています。

しかし当局は、対数スケールは「明確な説明情報がない場合、全国新聞の読者にとって馴染みがなく、容易に理解できるとは考えられない」と指摘。この広告が「明らかにビットコインのメリットを宣伝しており、消費者へのリスクの警告はほとんどなかった」と判断しています:

「これらの理由から、この広告は投資収益率をミスリードするように誇張されており、投資リスクを説明できていなかったとみなす。その結果、3つの広告コード(誤解を招く広告、誇張、金融商品)を違反していると判断しました。」

ASAはBitMEXに対し、現在の形式で広告の掲載を禁止した。そして、金融情報がターゲットオーディエンスに確実に理解され、投資リスクが十分かつ明確に示されるよう指示しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る