COIN TOKYO

¥892,848
BTC +0.13%
¥19,706
ETH +0.39%
¥31.40
XRP +0.18%
¥24,221
BCH +0.29%
  • 2019/08/20
  • 2019/08/20
  • コイン東京編集部 ritz

中国ブロックチェーンゲームブームの枯渇|バイナンスからテザー(USDT)純流出額も顕著

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国ブロックチェーンゲームブームの枯渇|バイナンスからテザー(USDT)純流出額も顕著
20日時点、ビットコイン(BTC)は10829ドル、15日の直近安値9,675ドルに対して12%増で取引されています。17日に、米国のBakktが待望の現物受渡しのビットコイン先物のローンチ計画を発表したにもかかわらず、暗号市場は強気を完全に取り戻せていないようです。過去24時間のBTC取引量は162億ドルに留まってます。

中国ブロックチェーンゲームブームの枯渇

データソース:CoinMarketCap

18日にメディアabacusは「中国で、ブロックチェーンのゲームブームが枯渇した」と報じました。かつて暗号の狂乱の中で、中国のハイテク大手はCryptoKittiesを模倣した暗号ペットゲームを投下しました。しかし、投資家の資金を枯渇させた後、その多くはもはや存在していないという。

積極的なプロモーションと億万長者になるという約束に魅了されたドン氏は、「Bit Pig」というゲームで仮想豚を購入するために14,200ドルを費やしました。しかし、WeChatで共有された上海浦東地区のインターネット警察のメモにより、7月下旬にプラットフォームが機能しなくなり、投資が無に帰したことがわかりました。


ピーク時に、こうした誇大宣伝はドン氏のような数千人を駆り立てて、仮想通貨とブロックチェーンベースのプロジェクトに投資させました。ゲームを含むあらゆる業界で誇大宣伝が採用されました。

こうした中国国内の投資行動へのダメージは、暗号市場全体の出来高の低下に反映されているかもしれません。Coingeckoのデータに基づいて、仮想通貨取引所バイナンスの過去24時間の出来高は9億5000万ドルの低水準を維持しています。今年5月以降は安定的に20億ドルを上回り、6月には30億ドル以上に上っていました。

Binanceの過去3か月間の取引量

他の中国系取引所も同様で、HuobiとOKExの過去24時間の出来高はそれぞれ9億ドル台、過去3か月で最低水準にあります。

8月20日、ソース:TokenAnalyst
8月20日、ソース:TokenAnalyst

TokenAnalystによると、過去30日間に仮想通貨取引所バイナンスから約380億ドル相当のテザー(USDT)の純流出が観測されています。過去24時間でさえ、1600万ドルの超過流出が見られます。一方で、BitstampへのBTCの純流入は過去30日間で160億ドルに上りました。

米国ユーザー向けのサービス提供をCFTCが調査しているとの報道を受けて、仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXでは7月に5億2,400万ドルの純流出額を観測しました。バイナンスやBitMEXへの流入資金の回復は、ビットコインの強気相場再開に向けた一つの指標となりそうです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る