COIN TOKYO

¥1,069,610
BTC +0.02%
¥22,601
ETH +0.15%
¥29.56
XRP +0.37%
¥32,873
BCH +0.00%
  • 2019/08/21
  • 2019/08/21
  • コイン東京編集部

ギャンブルdApps、過去数か月間にユーザーの関心が低下ー8BTC

このエントリーをはてなブックマークに追加
ギャンブルdApps、過去数か月間にユーザーの関心が低下-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
中国メディア8BTCは、2019年2月以降に仮想通貨のギャンブルdAppで資金を失うプレーヤーの割合が増加傾向にあると伝えた。イオス(EOS)のギャンブルdAppで、2019年2月~5月に資金を失ったプレーヤーの割合は50%以上、5月にその割合は60%を超えたという。トロン(TRON)のギャンブルdAppで資金を失ったプレーヤーの割合は、2018年10月以来50%を超えている。

過去数か月間にギャンブルdAppsが低調か

過去数か月間にギャンブルdAppsが低調
ソース:dapptotal.com

Dapptotal.comによると、EOS dAppの取引額の減少と、TRON dAppのユーザー数の減少が顕著だ。

8BTCによると、1月時点にイーサリアム(ETH)の取引量のうちギャンブルdAppsが占める割合はわずか2%だったが、EOSはトラフィック全体の70%が仮想通貨ベットアプリで発生していた。TRONの場合、ネットワークアクティビティの95%以上がギャンブル関連だった。

2018年のFOMO 3Dのヒット以後、次々とギャンブルDAppがデプロイされた。当時、24時間ユーザーアクティビティ上位10個のdAppは、ほぼ全てギャンブルカテゴリーだった。不正や改ざんができないギャンブルdAppは、かつてブロックチェーンと相性が良いと考えられていた。

しかし、多くの仮想通貨ギャンブラーが、損大利小でアプリを離れている。ある中国ユーザーは8BTCに語った;

「以前はギャンブルdAppに1〜2時間費やしていました。しかしその後、ギャンブルdAppに費やしたすべての時間が無駄になっていることに気付きました。中毒性がありましたが、後でそれが確率のゲームにすぎないことに気付きました。それは時間の損失だけでなく、お金の損失につながりました。」

TRONとEOSでは依然として最もアクティブなカテゴリー
ソース:8BTC

ギャンブルdAppは、TRONとEOSで依然として最もアクティブなカテゴリーで、現在もネットワークを支配している。「Dice」はEOSのギャンブルdAppのすべての取引量の70%を処理し、「TRONbet」はトロンのギャンブルdAppの取引量の86%を占めています。

8BTCは、今年の初めに比べてギャンブルdAppへの関心が低下していると指摘しました。毎月約30〜40のdAppがオンラインで起動される一方、毎月30〜50のdAppが停止しており、2か月以上継続するdAppは全体のわずか30%だという。

8月21日現在2880個のdAppが登録
ソース:dapp.com

dapp.comのデータによると、8月21日現在2880個のdAppが登録されており、これらのアプリケーションのアクティブユーザー数は139,041。平均ユーザー数は48人となっています。2880個のうち、ギャンブルカテゴリーは809個で、28%を占めます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る