COIN TOKYO

¥1,069,726
BTC +0.09%
¥22,549
ETH -0.06%
¥29.51
XRP -0.12%
¥32,903
BCH +0.22%
  • 2019/08/21
  • 2019/08/21
  • コイン東京編集部

中国四川省で豪雨、土砂崩れがビットコインのマイニングファームを襲う

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国四川省で豪雨、土砂崩れがビットコインのマイニングファームを襲う
中国四川省で長期にわたる暴風雨により土砂崩れが発生し、一部の水力発電所やビットコイン採掘者が操業停止に追い込まれた。20日の中国ソーシャルメディアの投稿によると、19日から大雨が四川省の阿波県の山間部を襲っていた。

コインデスクに対し関係者は、汶川郡の一部のマイニング施設が破壊され、ビットコイン採掘マシンは泥水に覆われたと述べた。マイニングプールPoolinは被害状況をツイッターに投稿した。

土砂崩れがビットコイン採掘ファームを襲う

中国日報によると、特に被害が大きいエリアが汶川郡(ウェンチュアン)で、泥流が地元の電力供給と通信インフラを混乱させ、少なくとも7人の死者を出した。

採掘ファーム経営者はコインデスクに対し、暴風雨により地元の水力発電所が使用する貯水池がオーバーフローとなり、多くの発電所が発電を停止し、短期的に採掘ファームに影響を与える可能性のある電力不足を引き起こしたと付け加えた。

21日に水力エネルギー会社の四川省民江は、この地域の3つの発電所が既に操業を停止しており、別の発電所が水で溢れていると発表した。同社は上海証券取引所に上場している。

中国の天気予報によると、今後数日間に渡って汶川郡で雨が続く可能性があるため、電力供給が通常レベルに戻る時期は定かではない。

四川省は多くのビットコインマイナーが拠点としているが、現段階で豪雨の影響を受けたビットコインマイナーの総数は不明だ。中国のビットコインマイナーの多くは、雨季に安価になる電力コストのために、四川省に集まっている。採掘ファームは主に、阿波(32,000平方マイル)、ガーゼ(57,000平方マイル)、およびLiangshang県(23,000平方マイル)等の広大な地域に設置されていた。

Blockchain.comのデータに基づくと、ビットコインの24時間平均ハッシュレートは、20日に最高値を更新して約77エクサッシュ/秒に達していた。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る