COIN TOKYO

¥1,068,592
BTC -0.09%
¥22,571
ETH +0.01%
¥29.55
XRP +0.27%
¥32,843
BCH -0.09%
  • 2019/08/31
  • 2019/08/31
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)はのレンジ相場は継続中!リップルの今後を価格チャートから分析【2019/8/31】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル(XRP)の今後
8月10日以降、それまでの下降チャートを止め、レンジ相場を続けているリップル(XRP)は本日8月31日も変わらず揉み合いの値動きを続けています。更にレンジ相場内の値幅は非常に小さく、流動性も乏しい状況ではあります。大きな値動きを見せずにいるリップル(XRP)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

リップル(XRP)はレジスタンスラインである中期移動平均線に接触するも大きな値動きは見られず

リップル(XRP)の相場予想

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。8月10日より0.0000248BTC台近辺をサポートラインとするレンジ相場を続けているリップル(XRP)は本日8月31日までに遂に、レジスタンスラインとして機能している20日移動平均線に接触する形となりました。

しかしリップル(XRP)はこれまでレジスタンスラインとして機能してきた20日移動平均線に接触したにも関わらずローソク足、出来高共に大きなリアクションを見せてはおらず、依然流動性が乏しい市場が続いています。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)のチャート分析

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

次にXRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでもリップル(XRP)は8月16日より揉み合いの形を続けています。

しかし揉み合いの形では8月13日以降からサポートラインとして機能しているラインに張り付いた値動きを続けており、更に上値は切り下げる形を続けています。

短期的なトライアングルパターンを形成しているリップル(XRP)は今後レンジ相場を抜ける可能性があり、更に今後リップル(XRP)チャートの上値付近には一目均衡表の雲が推移することもあり、レンジ相場は下落方向へ動き出す可能性が比較的高い状況となっています。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

現在中期的にレンジ相場を継続しているリップル(XRP)は流動性も乏しく、大きな値動きを見せる兆候は現在のところ確認されていません。

現在の暗号通貨市場に対するドミナンスを確認した場合、現在ドミナンスはビットコイン(BTC)が上昇傾向だということがわかります。

これまでの暗号通貨市場ではビットコイン(BTC)のドミナンスが減少したタイミングよりリップル(XRP)のドミナンスが上昇し、ドミナンスの上昇と共にリップル(XRP)の価格を上がる傾向があります。

そのためドミナンスという視点で見た場合、ビットコイン(BTC)ドミナンスが依然上昇中の現暗号通貨市場ではリップル(XRP)の価格上昇までもうしばらく掛かりやすいと考えることができるでしょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)相場にとって、今後注目する価格帯は現在レンジ相場のサポートラインとなっている0.0247BTC台です。

ドミナンスの点からも直近の値動き内で大きな上昇を見せる可能性が低いリップル(XRP)はレンジ相場の形を崩す場合、その動きは下落方向へ傾きやすい状況です。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る