COIN TOKYO

¥1,069,610
BTC +0.02%
¥22,601
ETH +0.15%
¥29.56
XRP +0.37%
¥32,873
BCH +0.00%
  • 2019/09/03
  • 2019/09/03
  • コイン東京編集部

韓国カカオの仮想通貨「Klay」トークンの上場で、2つの仮想通貨取引所と協議

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国カカオの仮想通貨「Klay」トークンの上場で、2つの仮想通貨取引所と協議
韓国のインターネット大手カカオは、中国系の仮想通貨取引所と韓国の取引所で、仮想通貨Klayの上場を計画していると伝えられています。

8月31日のDaily News1 Koreaによると、カカオのブロックチェーンアームGround Xは、ネイティブトークンKlayの上場のために、2つの主要な仮想通貨取引所と協議しています。

カカオのブロックチェーンプロジェクト「Klaytn」は、カカオのブロックチェーン開発部門「Ground X」によって昨年10月にスタートしました。Klaytnは世界中のユーザーにブロックチェーン体験のマスアダプションを目指す、信頼性の高いエンタープライズクラスのプラットフォームです。

今年6月にGround Xは、ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn(クレイトン)」のメインネットをローンチしました。Klaytnは、23社のグローバル企業で構成される「Klaytnガバナンス協会」が、ガバナンス、コンセンサスノードの運用、およびエコシステムの成長で協力します。協会メンバーには、日本のデジタルコンテンツ大手Cocone(ココネ)や、ソーシャルゲーム大手株式会社gumiが参画しています。

Klayトークンの上場で2つの仮想通貨取引所と協議

Ground Xのハン・ジェスンCEOは、Daily News1 Koreaに対し、「Klayトークンの上場について協議している仮想通貨取引所についてコメントできない」と述べています。

Ground Xの内部状況に詳しい関係者によると、Ground Xは仮想通貨でシンガポールに資金を集めていたため、韓国の取引所でKlayを上場させることが困難となった可能性がある様です。2017年9月に韓国がICO(イニシャルコイン・オファリング)を禁止しました。

匿名の政府関係者は、「仮想通貨については知っていますが、カカオという大企業がコインを発行して配布するのは別の話です。準備するのは難しい。」と述べている。

カカオは、アプリケーションを運用する韓国最大のインターネットコングロマリットで、それぞれの市場で90%近くのシェアを有しています。同社は、2018年後半にKlayを開発するためにGround Xを通じて3億ドルを調達する計画を発表しました。

8月中旬、Kakaoは、間もなく登場する仮想通貨ウォレットKlipの計画を発表し、4,400万人のカカオトークユーザーにアプリを公開することを表明しました。ウォレットには、Klayトークンと、Airbloc、Pebble、Spin Protocolなどのパートナートークンが含まれると伝えられています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る