COIN TOKYO

¥1,059,011
BTC -0.12%
¥22,392
ETH -0.48%
¥30.19
XRP -1.27%
¥32,844
BCH -0.02%
  • 2019/09/07
  • 2019/09/07
  • コイン東京編集部

機関投資家向けビットコイン先物取引所Bakkt(バックト)、ビットコイン(BTC)の入出金を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
機関投資家向けビットコイン先物取引所Bakkt(バックト)、ビットコイン(BTC)の入出金を開始-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
機関投資家向けのビットコイン先物取引所Bakkt(バックト)は公式ツイッターで、顧客のビットコインの入出金を開始した事を告知しました。Bakktのデイリー及びマンスリー先物商品は、9月23日に取引スタートとなります。

機関からビットコイン(BTC)の入出金を開始

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の子会社Bakktは、完全に規制された現物受け渡しのビットコイン先物を提供します。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が提供する現金決済先物契約とは異なり、顧客は契約満了時に賭けた実際のビットコインを受け取ります。

ブルームバーグによると、1日及び1か月のビットコイン先物契約の両方はマージン取引に対応します。つまり、ユーザーが必ずしも取引口座に事前に(BTC)資金を提供したり、100%担保したりする必要はありません。

ウォール街の規制された金融プラットフォームの開始は、ビットコイン価格の信頼性を向上させると期待されます。Bakktのケリー・ローフラーCEOは、先物がビットコインの価格発見を提供することを望んでいます;

「これまで機関グレードのインフラストラクチャが十分に提供されていなかった(スポット)市場に、規制されたグローバルにアクセス可能な取引所とともに、傑出した規制の明確さとセキュリティを提供します。」

2019年のビットコイン(BTC)の強気相場に併せて、BTCに対する機関の関心の高まりと影響力が増加しています。CMEのビットコイン先物の取引量は、年始から8月までの取引高は前年比132%増加しました。5月13日には33,677契約(1,689,000 BTC:13億ドル)で最高記録を観測しました

9月6日時点、CoinMarketCapによると、ビットコイン(BTC)は10,839ドル(1,156,906円)、前日比2.5%増で取引されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る