COIN TOKYO

¥1,059,011
BTC -0.12%
¥22,392
ETH -0.48%
¥30.19
XRP -1.27%
¥32,844
BCH -0.02%
  • 2019/09/09
  • 2019/09/09
  • コイン東京編集部

2019年に仮想通貨取引所のビットコイン(BTC)デポジット量が減少-TokenAnalyst

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年に仮想通貨取引所のビットコイン(BTC)デポジット量が減少-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ブルームバーグは、ブロックチェーン分析会社TokenAnalystのデータを引用して、2019年の上昇相場に関与している個人投資家が2017年よりも少ないと指摘しました。

仮想通貨取引所の利用者数を計る指標

2017年のビットコイン(BTC)の1,000ドルから20,000ドルへの上昇は、多くのマスメディアで見出しを飾り、個人投資家のFOMO(取り残されることへの恐れ)を生み、世界中の一般投資家が数千億円を市場にもたらしたと考えられています。

TokenAnalystにデータは、ビットコイン価格の最近の上昇は個人投資家の資金ではないことを示しています。仮想通貨取引所BitfinexとBinanceなどの取引所に送信するユニークアドレス数は減少しているという。TokenAnalystの共同設立者シド・シェカール氏は次のように述べています。

 「着金トランザクション数が少ないことは、現在クリプトに関与する一般投資家の関心の欠如を示唆しています。『不況時のセーフヘイブン(安全な避難所)としてのビットコイン』のナラティブを考えれば、新規ユーザー数は本来増えているはずです。しかしそうではない。これは、短期的な不安を伴います。」

TokenAnalystによると、Bitfinexのデポジット数は2017年にピークに達しました。その後は減少し続け、現在は2年間で最低水準にあります。さらにBinanceでは、デポジット数が2018年前半のレベルまで低下しているという。

Glassnodesによると、ビットコイン・ブロックチェーン上のアクティブアドレス数は、今年5月以来の最低ポイントにあります。Blockchain.comによると、仮想通貨取引所のビットコイン取引量は急落しています。

主要取引所の米ドル建て取引高合計
主要取引所の米ドル建て取引高合計

トラッカーSimilarWebによると、主要な取引所でウェブトラフィックも減少しています。たとえば、Binanceは、トラフィックが3月以来の最低値に低下しています。Bitfinex、米国のCoinbaseも同様です。

Binanceのトラフィック

ただし、一般投資家の関心は常に後れを取る傾向があり、強気サイクルの最後に来ると主張することもできます。Chainalysisによると、ビットコインのオンチェーン・トランザクション数は今年ほぼ4倍になり、6月の高騰に続いて7月にピークに達しました。

アクティブなトレーダー数が減少しているため、仮想通貨取引所は、ますますパワーユーザーに対応しています。BinanceやBitfinexなどの取引所は証拠金取引を設置・拡大し、ユーザーが多くの資金を借りて投機できるようにしました。

関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る