COIN TOKYO

¥1,059,104
BTC -0.15%
¥22,414
ETH -0.47%
¥30.37
XRP -0.70%
¥32,843
BCH -0.01%
  • 2019/09/09
  • 2019/09/09
  • コイン東京編集部

グリン(GRIN)のASIC開発テスト中国企業が成功=10月に市場に流通予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
グリン(GRIN)のASIC開発テスト中国企業が成功=10月に市場に流通予定-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
グリン(GRIN)の専用マイニングマシンASICの発売が迫っている。中国の採掘マシン製造大手MicroComputerは、「Asic Miner G 1 PLUS」と「G 1 MINI」のR&Dテストが成功した事を発表した。GRINのASICマイナーは最初に10月に発送される予定です。これらのマイニング機器により、GRINネットワークのハッシュパワーは10月末に大幅に増加すると推定されています。

中国企業、GRINのASIC開発に成功

MimbleWimbleを実装する仮想通貨グリン(GRIN)は、堅牢なプライバシー機能とスケーラビリティを誇るオープンソースソフトウェアプロジェクトです。GRINは現在、2種類のマイニングアルゴリズム「Cuckatoo 29 +とCuckkatoo31 +」を採用しています。29+はグラフィックカード(GPU)をサポートし、31 +はASICをサポートしています。

これまでGRINマイニングの主な手法はGPUでした。29+アルゴリズムはブロックの90%を生成し、31+はブロックの10%を生成します。しかしこの割合は8日間に1%ずつ移行しており、2021年1月にC31のブロック率が100%になります。

さらにMicroComputerによると、2020年1月から31 +に対して「Cuckatoo 32 +」アルゴリズムが徐々に増加します。2020年8月までにC31 +アルゴリズムはC32 +へと移行します。その後C32 +アルゴリズムは無期限に使用されるため、C32 +の処理能力がマイナーの長期的な収益性を左右します。

そして、MicroComputerのG1PLUSは、C31とC32アルゴリズムの両方に互換性があります。

G1 PLUSのC32 +アルゴリズムの処理能力はC31 +の30%を超え、競合他社を10%上回るという。コアチップテクノロジーには、G1 PLUSマイナーはTSMC製を採用しており、G1 PLUSの安定供給を保証しています。G1 PLUSの価格と数量は、今後のGRINの価格、総電力費用を考慮して設定されます。

公開情報によると、MicroComputerは世界2位のビットコイン・マイニングマシンメーカーです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る