COIN TOKYO

¥1,059,788
BTC +0.03%
¥22,366
ETH -0.42%
¥30.23
XRP -0.88%
¥32,851
BCH -0.05%
  • 2019/09/11
  • 2019/09/11
  • コイン東京編集部

Libra(リブラ)を含む他の仮想通貨は、設計段階で金融犯罪防止基準を満たすべきー米財務省高官

このエントリーをはてなブックマークに追加
Libra(リブラ)を含む他の仮想通貨は、設計段階で金融犯罪防止基準を満たすべき-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
米国財務省の高官は、フェイスブックの仮想通貨Libra(リブラ)が「ローンチ前にマネーロンダリングとテロ資金調達と戦うための最高基準を満たさなければならない」と述べた。

テロと財務情報担当秘書官のシガル・マンデルカー氏はスイスの記者団に、Libraだけでなく米国で活動している全ての仮想通貨プロジェクトは、金融犯罪防止目的の規則に従う必要があると述べました。10日にロイターが伝えた。

Libraを含む米国の仮想通貨への牽制

マンデルカー氏は、スイスの政府関係者や国際決済銀行、他の国際金融機関の代表者に会い、スイスに拠点を置くLibra協会の「Libraプロジェクト」を含む仮想通貨について協議しました。その後記者団に対して以下のように述べました;

「ビットコイン、イーサリアム、Libraのどれであろうと、我々のメッセージはこれらすべての組織に一様です。マネーロンダリング防止とテロ資金供与との闘いは、最初から設計に組み込まれなければなりません。」

マンデルカー氏は、「デジタル通貨業界は基礎となる技術の開発に多大な注意を払う一方で、構築したネットワークがテロリストや他の悪者に利用される事にほとんど配慮しなかった」と批判した。

FINMAはデジタル通貨ハブ「Crypto Valley」を設置し、8月に2つのブロックチェーンサービスプロバイダーにスイス初の銀行および証券ライセンスを付与しました。マンデルカー氏は各国の同様の取組について以下のように指摘した。

「スイスは他の多くの国と同様にフィンテックとイノベーションのハブとしての地位を促進してきました。そのように地位を向上させる国はいずれも、最高のレベルで最大限の配慮が義務付けられます。」

Libraプロジェクトの犯罪抑制措置の検討は非常に初期段階にあり、スイス当局者も同様の見解を持っている、とマンデルカー氏は付け加えた。

フェイスブックは今年6月にLibraのホワイトペーパーを公開しました。2020年に発行を目指すLibraは、その計画を巡って各国政府や規制当局から激しい反発に直面しています。7月の上院・下院金融サービス委員会の聴聞会で、フェイスブックのデジタルウォレットCalibraの責任者デイビット・マーカス氏は、フェイスブックが世界的な規制を遵守することを保証しました。

「規制上の懸念に完全に対処し、適切な承認を得るまで、フェイスブックはデジタル通貨Libraを提供しません。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る