COIN TOKYO

¥905,928
BTC +0.04%
¥20,138
ETH -0.03%
¥31.91
XRP -0.29%
¥24,515
BCH -0.03%
  • 2019/09/19
  • 2019/09/19
  • コイン東京編集部 ritz

北朝鮮、独自の仮想通貨の開発初期段階か-関係者コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮、独自の仮想通貨の開発初期段階か-関係者コメント-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
北朝鮮は、国際的な経済制裁を避けるため、独自の仮想通貨の開発初期段階にあるという。19日にVICEニュースが報じた。

北朝鮮の仮想通貨の開発可能性

北朝鮮の仮想通貨会議の担当者で文化委員会の特別代表アレハンドロ・カオ・デ・ベノス氏によると、北朝鮮のデジタル通貨は「ビットコインや他の仮想通貨に似ている」という。

「トークンの作成はまだ非常に初期段階です。現在、価値を裏付ける商品を研究している段階です。当面は北朝鮮ウォンをデジタル化する計画はありません。」

北朝鮮のニューヨーク大使館は、アレハンドロの主張について否定も肯定もしませんでした。

しかし数名のアナリストは、北朝鮮は独自の仮想通貨を構築・デプロイするために必要な専門知識を既に持っていると考えている。平壌は仮想通貨に長い間関心を示しており、今年4月に行われた最初のブロックチェーン・仮想通貨会議で、国内の専門家と外国企業を集結していた。ロンドンを本拠とするRoyal United Services Instituteのリサーチャーであるケーラ・アイゼンマン氏は以下のように述べた;

「北朝鮮は仮想通貨に大きな関心を示しており、マイニング、取引所のハッキング、暗号ジャッキングなどの専門知識を有しています。ビットコインを外国の規制されていない取引所でローンダリングしたり、国の仮想通貨を作成したり、仮想通貨のあらゆる側面を開発して利用する技術的専門知識を持っていることは間違いありません。」

北朝鮮は、不当な手段で現金を調達するために、長年仮想通貨を利用してきました。最近、国際制裁によって伝統的な銀行システムに課せられた制限を回避するために、北朝鮮のハッカーが仮想通貨を盗み、使用してきたと非難されました。北朝鮮はまた、ランサムウェア攻撃の優先通貨としてビットコインを使用しているとされています。

2019年3月の国連の報告書で、約580億円の仮想通貨が盗まれたコインチェック事件に、サイバー攻撃で北朝鮮が関与したと指摘されました。しかし、複数の専門家から北朝鮮のハッカー集団の関与が否定された。9月の報告書から、コインチェックに関する記述が消えていた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る