COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/09/21
  • 2019/09/21
  • コイン東京編集部 ritz

韓国の取引所UpBit、秘匿化機能を持つ6コインの上場廃止を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の取引所UpBit、秘匿化機能を持つ6コインの上場廃止を発表-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
20日に韓国の仮想通貨取引所UpBitは、マネーロンダリング対策の一環で秘匿化コインの取引サポートを停止することを発表しました。9月30日から上場廃止となるコインには、モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)、及びXHV、TUBE、PIVXが含まれます。

韓国の取引所で匿名性通貨の上場廃止傾向

UpBitの過去24時間取引高は1億1500万ドル、Coingeckoの信頼スコアに基づいて市場8位の取引所です。

UpBitはこれらの通貨のデポジットを既に停止しています。トレーディングサポートの提供は10日以内に停止しますが。ユーザーはサポート終了後最大30日間出金できます。

匿名性機能を有す厳戒態勢は、現在の所韓国で特有の傾向です。16日にOKEx Koreaは、全ての匿名性仮想通貨を上場廃止にする事を発表していました。一方、ダッシュ(DASH)は今週、米国の規制された仮想通貨取引所Coinbase Proに上場しています。Coinbaseはジーキャッシュ(ZEC)とダッシュ(DASH)をサポートしていますが、出金時の匿名送金機能に対応していません。

匿名性仮想通貨の上場廃止理由について、OKEx KoreaはFATFの「トラベルルール」規定への準拠を指摘しています。8月のビジネスコリアによると、韓国金融委員会(FSC)の韓国金融情報分析院(KoFIU)は、FATFの規制準拠の姿勢を強めています。

FATF(金融活動作業部会)は、マネーロンダリングに対抗する世界的な政府間組織です。今年6月にFATFは、仮想通貨の規制に関する新しいガイダンスを発行しました。

ガイダンスの下、バーチャルアセットサービスプロバイダー(VASP)は、従来の金融機関と同じAML / CFT(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策)要件「トラベル・ルール」を実装する必要があります。具体的にVASPは、発信者名、発信者アカウント番号(VAウォレット)、発信者の地理的住所、受取人名、および受取人アカウント番号(VAウォレット)の収集と送信が必要となる。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る