COIN TOKYO

¥904,427
BTC -0.26%
¥20,102
ETH -0.32%
¥31.80
XRP -0.85%
¥24,492
BCH -0.24%
  • 2019/09/22
  • 2019/09/22
  • コイン東京編集部 ritz

マネーグラムCEOがXRPの速度を称賛「仮想通貨が送金市場を変える可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
マネーグラムCEOがXRPの速度を称賛「仮想通貨が送金市場を変える可能性がある」-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
MoneyGram(マネーグラム)のアレックス・ホームズCEOはデジタル資産XRPの速度を称賛し、仮想通貨は「現金市場をディスラプト(瓦解)する」可能性があると述べた。14日にGulf Businessが伝えた。

MoneyGramがxRapidを活用

Ripple社とMoneyGramは、7月に新たなパートナーシップを発表しました。重要な点はMoneyGramがバックエンドでRippleのxRapidプラットフォームを使用している事です。

従来のMoneyGramのモデルは、顧客が販売時点でお金を預け、エージェントが別の販売時点で現金を支払う「差金決済」モデルでした。同社は、毎晩2か所のエージェント間で決済し、2市場間で現金を物理的に移動していませんでした。

「Ripple社には大規模な分散型のブロックチェーン技術があり、XRPのような興味深い暗号コインは数秒で国境を越えることができます。彼らが持たないのは、フィアットのグローバルな流動性プールです。しかし、私たちは世界中に資金プールを持ち、そして当社のスピードは事前調達と先立ってお金を動かす能力によって実現します。」

「片方のシステムは非常に高速ですが流動性が不足しており、他方のシステムは大量の流動性を備えていますが本質的に低速です。ブロックチェーンを使用すると、突然、お金を高速で移動できるようになります。」

ホームズは暗号通貨が現金市場の競争相手になる可能性があると考えていると述べています。

「仮想通貨が法定通貨にトランジットできる場合、現金市場を瓦解させる可能性があります。ほとんどの政府はそれを理解していますが、同時にそれを恐れています。政府がシステムに現金を持ちたくないのと同じくらい、彼らは自国の通貨ではない仮想通貨についても恐れています。それは彼らがコントロールできない通貨です。中央銀行や政府は、どうすれば国を管理・運営できるだろうかと不安な思いをしています。」

先月の決算報告で、MoneyGramは、RippleのXRPベースのクロスボーダー決済ソリューションxRapidを既に実装し、活用していることを明らかにしました。

Rippleのグローバルな機関市場チームの責任者であるBreanne M. Madigan氏は、MoneyGramは現在、XRPを使用してメキシコに「リアルなボリュームを動かしている」とツイートしました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る