COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/09/22
  • 2019/09/22
  • コイン東京編集部 ritz

「2019年、顧客はアルトコインの上昇幅を空売りし続けた」ー暗号融資企業Genesis Capital

このエントリーをはてなブックマークに追加
「2019年、顧客はアルトコインの上昇幅を空売りし続けた」-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
機関投資家向け仮想通貨OTC(相対取引)会社Genesis Tradingのレンディング部門Genesis Capitalは、2018年の弱気市場に規模を拡大した。ビットコイン(BTC)の70%の下落を背景に数十億ドル規模のビジネスを構築した。

Genesis CapitalとGenesis TradingのCEOであるマイケル・モロ氏によると、機関クライアントの2019年の戦略は、アルトコインの空売りに重点を置いたという。Cryptoslateが伝えた。

18か月で30億ドル以上のローン

2013年にニューヨークで設立されたGenesis Tradingは、機関・適格投資家向けに高額取引を行う業界初の店頭(OTC)マーケットメーカーの1つです。同社は2018年3月にレンディング事業Genesis Capitalをオープンしました。18か月後かけて、Genesisは暗号及び現金ローンで30億ドル以上を融資したという。

モロ氏によると、2018年に融資市場を活用する洗練された機関ヘッジファンドが参入した。彼らは昨年、ビットコイン(BTC)を借りて価格下落にベットしました。しかし、BTCのスポット市場で空売りすることは、2019年に主要な戦略では無いようだ。モロ氏は以下の様に述べた。

「2018年にビットコインをショートしていた人達の中に、今日、ビットコインをショートしている人はいない。人々はアルトをショートします。」

モロ氏によると、機関クライアントはステーブルコインを使用してアルトコインをショートしている。

「ビットコインのパフォーマンスに応じて、ライトコイン、XRP、イーサリアムをショートします。ビットコインが1日で5%上昇し、ライトコインが10%上昇する場合、ライトコインはショートダウンします。顧客は自分たちで決めた相対的な評価序列に物事を戻そうとします。」

2019年4月以降の変動率

Bakktのビットコイン先物が最大のヘッジ機会に

また、2019年にビットコインの先物市場の成長は、レンディング市場に別の原動力を追加したという。モロ氏によると、現物・先物間のスプレッド、および取引所間の従来の現物間アービトラージにレンディングは使用される。先物契約が「高プレミアム」で取引される強気市場では、顧客は先物市場でショートするため、Genesisは多量のコインを貸す傾向がある。

モロ氏はまた、Bakktのローンチ間近の現物決済のビットコイン先物契約が最大のヘッジ機会になると述べた。

「注文に対するヘッジはGenesis Trading(OTC部門)などのマーケットメーカーの標準的な慣行です。これにより、価格変動の影響を受けずに顧客と売買できるようにします。より規制されたブローカーディーラーがGenesisと同様にマーケットメイクに踏み出す可能性があり、Bakktが暗号市場に流動性のブーストをもたらすだろう。」

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の新会社Bakktは、完全に規制された現物受け渡しのビットコイン先物を9月23日から提供します。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が提供する現金決済先物契約とは異なり、顧客は契約満了時に賭けた実際のビットコインを受け取ります。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る