COIN TOKYO

¥966,859
BTC -0.17%
¥24,452
ETH -0.49%
¥25.42
XRP -0.47%
¥35,681
BCH -1.02%
  • 2019/10/03
  • 2020/01/26
  • コイン東京編集部 ライター兼トレーダー 佐藤希

アセンディングトライアングルとは-エントリーやだましなどチャートの注意点を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
アセンディングトライアングルとは-エントリーやだましなどチャートの注意点を解説-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ローソク足チャートを見ている際に、アセンディングトライアングルと呼ばれるパターンが発生した場合は、上昇トレンドが継続する可能性が高いと判断できます。アセンディングトライアングルはトレンドフォローに役立つチャートパターンなので、しっかり覚えておきましょう。

アセンディングトライアングルとは-エントリーポイントや注意点

アセンディングトライアングルとは-エントリーポイントや注意点

最初に、アセンディングトライアングルとはどんなチャートパターンなのかをチェックしていきましょう。アセンディングトライアングルを見分けるポイントは以下の2つです。


  • 上昇トレンド中に一時的なレンジ相場が形成されている

  • レンジ相場中にレジスタンスラインが形成されている

  • レジスタンスラインに向けて下値を切り上げている


上記の3つの条件を満たすチャートパターンを探すとアセンディングトライアングルを発見できるでしょう、

アセンディングトライアングルとは次のようなチャート

アセンディングトライアングルのチャート①

実際にアセンディングトライアングルが発生しているチャートは上記の通りです。

緩やかな上昇トレンド中にレンジ相場に入り、レジスタンスラインが形成されています。そのレジスタンスラインに向けて徐々に下値が切り上がっていることがわかるでしょう。

これがアセンディングトライアングルの王道パターンでレジスタンスラインが近づいてくるとブレイクアウトし、そのまま上昇トレンドが継続する可能性が高いといえます。

トレンドフォローでトレードする際に役立つチャートパターンの1つなので、上昇トレンド中にレンジ相場に突入した場合はアセンディングトライアングルが発生しないかに注目してみてください。

アセンディングトライアングルのチャート②

一方で、こちらのチャートは上昇トレンド中にレンジ相場に突入したものの、レジスタンスラインとサポートラインがいずれも直線で下値が切り上がっていません。

これはアセンディングトライアングルではなく、ただのレンジ相場だといえるでしょう。この場合はアセンディングトライアングルに比べて、そのままレンジ相場が継続したり逆に下降トレンドに転換したりする可能性が高めといえます。

トレンドフォローを狙っている場合はこのパターンのレンジ相場とアセンディングトライアングルを見間違えないように注意してください。

アセンディングトライアングルのパターン

アセンディングトライアングルのパターン

次に、チャート上にアセンディングトライアングルが出現する原因を見ていきましょう。アセンディングトライアングルと見られる状況でエントリーする際は、ここで紹介するポイント覚えておいてください。

アセンディングトライアングルと市場心理

上昇トレンド中にアセンディングトライアングルが発生した場合、利確などによる売り圧力が高まっていることを示しています。しかし、依然として安値が切り上がっていることから売り圧力より買い圧力のほうが高いといえるでしょう。

アセンディングトライアングル登場時のトレーダーの心理は「様子見」が多いと考えられます。

「上昇トレンド中だけど、アセンディングトライアングルに見えてももしダマシだったらどうしよう?」などと考えてしまうものです。そのため、レジスタンスラインをブレイクするまでは様子見をしようと考えるトレーダーが多いといえるでしょう。

レジスタンスラインは売りトレーダーの力を示しているポイント(抵抗ライン)なので、これをブレイクするということは買いトレーダーの力が売りトレーダーの抵抗に勝利したといえます。

ブレイクアウトした場合、買いトレーダーの勝利によって再び上昇トレンドに突入すると判断できるため、エントリーポイントとしてピッタリです。

アセンディングトライアングルでだまし(否定)

アセンディングトライアングルでだまし(否定)

アセンディングトライアングルも他の指標と同様にダマシが発生することがあります。最も発生しやすいダマシは次のようなものです。

■アセンディングトライアングルでよくあるダマシ

  • レジスタンスラインをブレイクアウトしたと見せかけて押し戻される

  • そのままレンジ相場が長く継続する

  • レジスタンスラインをブレイクアウトするように見せかけて下降トレンドに転換する


上記の3つのパターンはよくあるダマシなので、引っかからないように注意しましょう。少しでも怪しいと思ったら様子見するか、ストップロスの設定をしっかり行うことをオススメします。

アセンディングトライアングルが下抜け・下落するパターン

アセンディングトライアングルが下抜け・下落するパターン

アセンディングトライアングルに見えるものの、レジスタンスラインをブレイクアウトせずに下降トレンドに転換してしまうパターンがあります。以下のようなチャートパターンに注意してください。

■アセンディングトライアングルが下抜けるパターン
値幅が狭まってきたタイミングで前回の安値より価格が下がる

アセンディングトライアングル中に前回の安値を下回った場合、下降トレンドに転換する可能性が高まります。そのため、エントリーしていない場合は様子見をし、すでにエントリーをしている場合は念の為にストップロスの設定をしておきましょう。

アセンディングトライアングルのエントリー・利確ポイント

アセンディングトライアングルのエントリー・利確ポイント

続いてアセンディングトライアングルが出現した際のエントリーポイント及び利確ポイントをチェックしていきましょう。

エントリーポイント

エントリーポイント

アセンディングトライアングル発生時のエントリーポイントの基本は「レジスタンスラインをブレイクアウトした瞬間」です。レジスタンスラインんをブレイクアウトしたということは、再び上昇トレンドに突入する可能性が高いので勝率も高くなります。

また、より利益を上げたい場合はアセンディングトライアングルの途中で、値幅が狭まってきてそろそろブレイクアウトしそうだと考えられるタイミングでエントリーするという方法も有効です。

ただし、この場合は前述のブレイクアウトしてからエントリーする方法よりダマシに引っかかる可能性が高くなるので勝率が下がります。ストップロスの設定を忘れずに行っておくことをオススメします。

利確ポイント

利確ポイント

アセンディングトライアングルでトレンドフォローのエントリーをした場合、オススメの利確ポイントは以下の2つです。

■オススメ利確ポイント

  1. アセンディングトライアングルの下値とレジスタンスラインと同じ値幅分、ブレイクアウトしてから上昇したタイミング

  2. サポートラインが機能しなくなったタイミング


レジスタンスラインをブレイクアウトした場合、アセンディングトライアングルの最安値からレジスタンスラインまでの値幅分程度は価格が上昇する可能性が高いといえます。そのため、値幅に注目して利確するというのが1つ目の方法です。

もう1つの利確方法は、トレンドラインがサポートラインとして機能している間は保有し続け、サポートラインを割り込んだら利確するというものです。

上記のチャートの場合は最初の方法で利確した方が利益が多いことがわかるでしょう。ただし、途中でトレンドラインを引き直した場合は2番目の方法が利益が多くなります。

チャートを頻繁にチェックできる場合は、状況に応じてトレンドラインを引き直し、どちらで利確するかを判断しましょう。

アセンディングトライアングルの注意点

アセンディングトライアングルの注意点

アセンディングトライアングルをエントリータイミングの判断に用いる場合、以下のポイントに注意してください。

注意点1: トレンドの反転

前述の通り、アセンディングトライアングルのダマシパターンの1つに「下降トレンドへの転換」があります。そのため、順調に下値が切り上がらずに直前の下値を下回るという動きが見られた場合は十分に注意してください。

もし、この状況に陥った場合は以下の対処法がオススメです。


  1. すでにエントリーしている場合はストップロスの設定をしておく

  2. エントリーしていない場合は様子を見る

  3. さまざまな要素から下降トレンドに転換する可能性が高いと判断される場合は、カウンタートレードのエントリーをする


このように最適な対処は状況によって異なるといえます。もし、判断するのが難しいと感じる場合は様子見するのがオススメです。チャートは注意深くチェックしてなるべくダマシに引っかからないように注意しましょう。

注意点2: アセンディングトライアングルの継続時間は比較的短いことが多い

アセンディングトライアングルは通常、そこまで長く続くチャートの状況ではありません。比較的すぐにレジスタンスラインをブレイクアウトすることが多いので、エントリータイミングを見逃さないためにも頻繁にチャートをチェックすることをオススメします。

もし、長く続いているように見える場合はそのままレンジ相場が継続する可能性もあるので注意してください。

アセンディングトライアングルとディセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルとディセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルは上昇トレンド中に発生するチャートパターンですが、下降トレンド中にもディセンディングトライアングルという似たようなチャートパターンが発生することがあります。

この2つは勝率が高いチャートパターンなので、見逃さないようにしっかりチャートをチェックしましょう。

アセンディングトライアングルとディセンディングトライアングルは「三角保ち合い」

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルはいずれも「三角保ち合い」と呼ばれるチャート状況です。三角保ち合いは基本的にどのパターンでもブレイクアウトした瞬間にエントリーするのが基本といえるでしょう。

また、ブレイクアウトした場合のトレンドが非常に強いことが多いのでエントリータイミングを見逃さなければ大きな利益を上げることができるかもしれません。

レンジ相場脱却のサインになることも多い

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルはトレンド相場中だけでなく、レンジ相場中にも出現することがあります。

もし、レンジ相場で徐々に値幅が狭まり、アセンディングトライアングルやディセンディングトライアングルが出現した場合はトレンド相場に移行するサインになることが多いので注意してチャートを見ましょう。

トレンド転換のサインになることもあり

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルともに出現したタイミングによってはトレンド転換のサインになることがあります。よくあるパターンは次の通りなので、しっかり覚えておきましょう。


  • 上昇トレンド発生 > レンジ相場に移行 > ディセンディングトライアングル出現 > 下降トレンドに転換

  • 下降トレンド発生 > レンジ相場に移行 > アセンディングトライアングル出現 > 上昇トレンドに転換


このような状況が発生する確率はそこまで高くありませんが、もしチャートをチェックして見つけた場合はカウンタートレードでエントリーするのもいいかもしれません。いずれにせよ、チャートの状況をみて適切に判断する力が求められるでしょう。

アセンディングトライアングルを利用して利益を出そう!

今回は上昇トレンド発生のサイン「アセンディングトライアングル」について詳しく紹介しました。アセンディングトライアングルは発生するとレジスタンスラインをブレイクアウトして強い上昇トレンドが発生することが多いので、うまく活用して利益を出していきましょう!
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る