COIN TOKYO

¥906,522
BTC +0.08%
¥20,137
ETH -0.01%
¥31.96
XRP -0.22%
¥24,494
BCH -0.11%
  • 2019/10/07
  • 2019/10/07
  • コイン東京編集部 ritz

Bitstamp-Bitso間のXRP送金量に一定の増加、「誰かがxRapidを使用し始めている」との声も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bitstamp-Bitso間のXRP送金量に一定の増加-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
MoneyGramのような送金会社がxRapidを採用する中、BitsoでXRP / MXNの取引量が25%急増しました。BitstampとBitsoの間のトランザクションもまた、これまでにないスパイクを記録しました。

XRP送金量に一定の増加

メキシコの仮想通貨取引所Bitsoは、ブロックチェーンスタートアップRippleの「xRapid」を介して取引を実行します。xRapidは仮想通貨取引所を介して、デジタル資産XRPをブリッジ通貨に使用する国際送金ソリューションです。Twitterユーザー@ hallwaymonitor2は、以下のように報告しました。

「BitstampからBitsoのDT 25370527(Bitsoの宛先タグ)は最近動作が変化している。以前はランダムに大きな金額を送信していました。現在では、心臓の鼓動のように28k〜30kのXRPを送信しています。」

10月6日に行われたBitstampからBitso宛てのトランザクションを調べたところ、合計28件のXRPトランザクションが発生し、各トランザクションは28,000 XRPを超えていた。これらのトランザクションはBitsoのXRP取引量を急増させた可能性があります。

別のTwitterユーザー@hmatejxは、トレードが開始されてからのトレンドを説明するチャートを通じて、スパイクを起こしている人を推測しました。

 

「XRPオンデマンド流動性:常連の容疑者は、BitstampからBitsoに120万ドル以上を転送している。誰かがスイッチを入れています...」

上昇チャートは、9月に高いスパイクを示した。2019年9月、BitsoのXRP / MXN取引量は、BTC / MXNボリュームを一時的に上回りました。

xRapidトランザクションは、最近の弱気市場で減速していない。TwitterのXRP愛好家によると、MoneyGramとの提携後、xRapidボリュームは着実に上昇しています。

これらのトランザクションがxRapidを介して実行されていることを確認するための明確なデータはありません。BitsoとBitstampはそれぞれメキシコと欧州(または米国)のxRapidコリドー(回廊)であると知られており、上記のデータはxRapidトランザクションに結びつくと期待されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る