COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/10/09
  • 2019/10/09
  • コイン東京編集部 ritz

オミセゴー(OMG)、BittrexやBraveの企業連合Universal Protocol Allianceに参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
オミセゴー(OMG)、BittrexやBraveの企業連合Universal Protocol Allianceに参加 -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
アジアを拠点にした決済サービスのOmiseGo(オミセゴー)は、仮想通貨にフォーカスした企業連合Universal Protocol Alliance(ユニバーサル・プロトコル・アライアンス)に加わりました。

OmiseGoがUniversal Protocol Allianceに参加

リリースによると、OmiseGoの支払い処理技術にUP Allianceの ユーティリティトークンUPTが組み込まれます。OmiseGoを利用する商店や都市は、金融サービスや税の徴収に、連合独自のステーブルコインを使用できるようになります。

OmiseGoはボーダーレスでオープンな誰でもアクセスできる金融システムの構築を目指す、イーサリアム・ブロックチェーンプロジェクトの一つです。OmiseGoマネージング・ディレクターのVansa Chatikavanij氏は以下のように述べています;

「UP Allianceの一員であることを誇りに思うと共に、支払いの速度、利便性、使いやすさなど実用的な問題解決にブロックチェーンを求める、暗号の次の1億ユーザーを支援します。」

Universal Protocol Allianceには、仮想通貨取引所BittrexやUphold、分散型金融銀行Cred、スマートコントラクトセキュリティ会社CertiK、暗号ウォレットとブラウザー会社Braveなどが参加しています。Universal Protocol Allianceの共同設立者であるダン・シャット氏は以下のように述べています;

「OmiseGoの技術は、UPUSDや他のUPブランドのステーブルコインの、消費者、加盟店、地方自治体による大量採用を支援します。UPTトークンの実用的なアプリケーションは、他のAllianceメンバーを完全に補完し、UPTの使用場所として貢献します。」

UP Allianceは今年、ユニバーサルユーロ(UPEUR)、ユニバーサルドル(UPUSD)、ユニバーサルビットコイン(UPBTC)の3つのデジタル資産をリリースしました。これらは、イーサリアムのアプリケーションで利用可能な、ビットコインのプロキシ(代用)トークンです。例えば、ユーザーUpholdに預けたビットコインをUPEURに換えて、イーサリアム上のアプリケーションを利用する。UP Allianceは加盟組織を増やして、UPステーブルコインのユースケースを拡大している。

先月、UP Allianceは、ビットコインキャッシュ(BCH)、クレド(LBA)を使用して米国初の公式な大麻流通プロセスの決済で、ユニバーサルドル(UPUSD)を使用しました。結果として薬局の取引手数料が大幅に削減されました。この取引はカリフォルニア州議会案AB 953の提案の基礎となっています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る