COIN TOKYO

¥872,715
BTC -0.08%
¥19,144
ETH +0.26%
¥27.24
XRP -0.08%
¥26,527
BCH -0.10%
  • 2019/10/16
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部

SBIとNECが新会社を設立│KYC,AML/CFTの分野で事業を展開

このエントリーをはてなブックマークに追加
SBIとNECが新会社を設立│KYC,AML/CFTの分野で事業を展開-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
16日、SBIセキュリティ・ソリューションズ株式会社(SBISecSol)と日本電気株式会社(NEC)は、分散化技術を活用したKYC、AML/CFTや次世代認証の金融機関向けソリューション事業を展開する合弁会社を設立したことを発表しました。

KYC,AML/CFTの分野で

SBIグループとNECはこれまで分散化台帳技術を活用したKYC,AML/CFTの高度化に向けた実証実験を共同で行ってきました。
両社は、日本を含む世界中の期間に対してAML/CFTに関する国際基準となる「FATF勧告」が提言され、本勧告を遵守するための対応・措置に迫られていること、更なるキャッシュレス化が進む中、強固なセキュリティ機能が世界的に求められていることを背景に、分散化台帳技術を活用したKYC,AML/CFTや次世代認証のソリューションの事業展開について、SBISecSolのグローバルなサイバーセキュリティの知見と、NECの生態認証やAI・セキュリティなどの先進技術を活かして、合弁会社を設立し共同開発、運営を行っていきます。

新たに設立された合弁会社の概要は以下の通りです。

商号 :SBIデジトラスト株式会社
事業内容:分散台帳技術に基づく本人確認と次世代認証、不正アクセス検知のためのソリューションの企画、設計、開発及び運営
本社 :東京都港区
代表者 :バスケス カオ フェルナンド ルイス
設立 :2019年10月1日
資本金 :3億円(資本準備金を含む)
出資比率:SBISecSol 66%、NEC 34%

両社は、各種ガイドラインや国際基準への対応を踏まえ、金融サービスの高度化に貢献していくとしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る