COIN TOKYO

¥966,859
BTC -0.17%
¥24,452
ETH -0.49%
¥25.42
XRP -0.47%
¥35,681
BCH -1.02%
  • 2019/11/05
  • 2019/11/05
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

「2017年のビットコイン高騰は1頭のクジラによる」とのブルームバーグ報道に反論続々

このエントリーをはてなブックマークに追加
「2017年のビットコイン高騰は1頭のクジラによる」理論に反論続々「金融資産の根本的な誤解」の声も +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
4日にブルームバーグは、​​2017年後半のビットコインの急激な価格上昇は「1頭のクジラ(大口投資家)」が引き起こしたと報じた。複数のアナリストは、「当時の状況と一致しない」と異論を唱えている。

1頭のクジラがビットコイン価格に作用?

ブルームバーグの記事は、テキサス大学のジョン・グリフィン教授らによる1年前の研究レポートを引用し、主にテザー(USDT)がビットコインの価格操作に使用されたという往年の主張をベースとする。

2018年発表の論文によると、テザー(USDT)はドルの裏付けなく発行され、仮想通貨取引所Bitfinex (テザーの姉妹会社)に送信され、下落後のビットコイン(BTC)価格を支えるために使用された。

今、グリフィン教授は主張を強化して、1頭のクジラだけが価格操作の背後にあり、それがBitfinexを利用する「エンティティ」だと指摘した。

グリフェン教授は次のJournal of Financeに掲載予定の新たな論文で、2017年3月1日~2018年3月31日のビットコインとUSDTのトランザクションデータに基づいて主張した;

「このパターンは、テザー発行後の期間にのみ存在し、単一の大口のアカウント所有者によって駆動され、他の取引所では観察されなかった。」

この記事は、暗号コミュニティに波紋を呼んだ。テザーの発行が強気を誇張する可能性があると見る人も多いが、それが唯一の原因ではないと考える人も多い。eToroのシニアマーケットアナリスト、マティ・グリーンスパン氏はマーケットアップデートで「このナラティブが正確であることを私に確信させる方法論は地球上に無い」と書いた;

「仮想通貨を取引するために、eToroでは数百万もの本人確認済みの口座が新規開設された。すべての取引所も同様だ。それは単一のクジラによって引き起こされる可能性のあるものではない。」

VanEckのガーバー・ガーバックス氏も同様に、テザーとビットコイン間のパターンの組み合わせは、成長期間内の需要増加の影響に過ぎないと指摘した。

BlockTower CapitalのCIOであるアリ・ポール氏は、大量のテザー発行を「1頭のクジラ」に帰属させることは「金融資産の仕組みに対する根本的な誤解」と指摘した。ポールの理屈によると、教授はテザーの管理者とクジラを混同している;

「GLD(金のETF)がたった1人に取引されていると指摘するようなものだ。GLDは1つのカストディアンと1つのエンティティが発行と償還を処理するからとね。」

ただし、テザーが関与した可能性は残る。当時、大半の取引所は、ステーブルコインとしてテザーのみをリストしており、ユーザーは仮想通貨とテザーを取引できた。テザーが完全に裏付けされていない場合、価格を不当に押し上げたかもしれない。

しかし、価格高騰時にビットコインに関心を持った数百万もの個人投資家を無視する事は不注意か。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る