COIN TOKYO

¥926,844
BTC +0.32%
¥19,659
ETH +0.26%
¥28.52
XRP +0.30%
¥28,969
BCH +0.27%
  • 2019/11/08
  • 2019/11/08
  • コイン東京編集部 ritz

香港SFCの取引所規制はオプトインのフレームワーク「予想される影響は限定的」-OKEx

このエントリーをはてなブックマークに追加
香港SFCの取引所規制はオプトインのフレームワーク「予想される影響は限定的」-OKEx
主要な仮想通貨取引所OKExは、先日発表された香港SFCの取引所規制フレームワークを「オプトインのフレームワークであり予想される影響は限定的」と解説した。

香港SFCの仮想通貨取引所レギュレーション

6日に香港SFC(証券先物取引委員会)は、仮想通貨取引所の規制枠組みを公開した。

新たなレギュレーションは、カストディ、顧客確認、マネーロンダリング防止ルール、市場操作の側面等を網羅する。仮想資産で取引サービスを提供する取引プラットフォームに、SFOのライセンス取得を義務付けた。また、ライセンス取得済みプラットフォームは、仮想資産の紛失または盗難のリスクをカバーする保険が必要となる。

SFCライセンスのプラットフォームで取引される仮想通貨と仮想資産は、従来の証券オファリングや集団投資スキームに適用されるものと同じ種類の規制の対象とはならない。SFCは香港の法律で証券資格を持たない仮想資産、またはトークンのみを取引するプラットフォームにライセンスを付与したり監視したりする権限はない。

SFCのトップであるアシュリー・アルダー氏はスピーチで以下のように表明した;

「仮想資産は従来の金融市場にさらに変革している。特にステーブルコインなど、一部のプロジェクトは世界規模で非常に急速に採用できる。政治家と中央銀行家の間の深刻な懸念と金融規制当局にもたらした。」

取引所ライセンスはオプトイン

引用:CryptoCompare
引用:CryptoCompare

新しい規制枠組みにより、SFCは規制へのオプトインを希望する交換事業者にライセンスを付与できる。言い換えれば、香港の交換所が営業許可を取得することは必須ではない。アルダーは、既存の法律は暗号の世界を念頭に置いて設計されていないため、オプトインソリューションを選択すると説明した。タイムラインは提供されていないが、「新しい法律が仮想資産セクター全体を対象とするまで市場は待つことができる」とアルダーは表明した。

主要な仮想通貨取引事業者の多くが香港に拠点を持っていることを考慮すると、ひと握りの取引所はSFCの規制計画にオプトインすると考えられる。しかしOKExは、多くの取引所が規制網にラッシュするとは考えていない。

プロ投資家のみ、一般は対象外

SFCのライセンスプログラムの下で、取引所はサービス提供をプロの投資家に限定される。証券および先物規則(Cap 571D)で「プロの投資家」は以下のように定義される;

・800万香港ドル(約1.1億円)以上の外貨ポートフォリオを有する個人
・1日以上の総資産が4,000万香港ドルか同等の外貨を有す信託会社

新しい規則は、香港での仮想通貨取引を少数の投資家グループのみに許可している。アルダーは、一般の仮想資産先物契約、特にレバレッジを伴う契約が不安定で、「極めてリスクが高い」可能性があると警告した。

ビットコインは証券ではない

SFCがビットコインや他の暗号資産の性質をどのように認識するかは、発表の1つの重要事項だ。アルダーは、「ビットコインやその他のより身近な暗号資産は証券ではない」と明確に述べた。また、「SFCは法的な“証券”または“先物契約”である仮想資産またはトークンを取引するプラットフォームを規制する権限のみを有している」と宣言した。SFCの見解は、米国SECなど、世界の他の規制機関とほぼ一致する。

結論

SFCの仮想通貨交換業規制の発表は、中国政府のブロックチェーンイニシアチブに続くものであり、ブロックチェーンベースの暗号開発に関して、中国・アジアが中心的存在になると期待できる。

暗号資産への投資がますます主流になり、暗号資産の日常的なアプリケーションと使用が急速に増加しているため、暗号資産の完全な規制が必要になることは間違いない。適切に規制された環境は、投資家と暗号業界の利害関係者の両方に利益をもたらすと信じている。香港での規制の発展自体は、暗号業界全体にとって前向きな動きと考えられる。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る