COIN TOKYO

¥820,077
BTC -0.19%
¥16,151
ETH -0.19%
¥24.85
XRP +0.55%
¥23,095
BCH -0.27%
  • 2019/11/15
  • 2019/11/15
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Crypto.com(MCO)がリップル(XRP)やステラ(XLM)を含む暗号資産取引所を開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
Crypto.com(MCO)がリップル(XRP)やステラ(XLM)を含む暗号資産取引所を開設
14日、暗号資産の決済プラットフォームCrypto.com(CRO)は、新たに取引所を開設した。クリプト対応のデビットカードを提供するCrypto.comは、取引所に参入して顧客サービスを強化する見通し。

Crypto.comの取引所

Crypto.comの取引所は9つの暗号資産をサポートしている;

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イオス(EOS)、ステラ(XLM)、テザー(USDT)、ネイティブトークン(MCO)。

BTC、USDT、CROを軸に取引ペアが設置された。CROを保有するユーザーは取引手数料の割引が適応される。料金設計はメーカー手数料0.008%、テイカー手数料0.02%。

Crypto.comのクリス・マースザレクCEOは、ユーザーにさまざまな金融ソリューションを提供することを拡大し、ユーザー獲得の問題を解決するためにエコシステムの構築に取り組んでいると語る。取引所の開始はエコシステムを強化する自然なステップと続けた:

「暗号資産の購入と保管、利息の獲得に使用する多くの顧客を持っているが、(これまで)プロフェッショナルな環境で取引する必要がある場合に別の場所に行く必要があった。

「すでにトップレベルの取引所がフィールドにある。完全なエコシステムプレーヤーだけが長期的に繁栄できるだろう。小規模なプレーヤーは競争できず、閉鎖していく。」(マースザレクCEO)

Crypto.comのエコシステム

香港に本拠を置くCrypto.com(旧モナコ)は2017年6月のICO(イニシャル・コイン・オファリング)で2,500万ドル相当の資金を調達した。

年会費や月額利用料不要なMCO Visaカードは、全支出の最大5%のキャッシュバック、無制限の空港ラウンジへのアクセス、MCOトークンのステーク数に基づいた特典を備えたプリペイドカードだ。シンガポール、米国、欧州の顧客が利用可能(香港特別行政区、スイス、またはマルタを除く)。

また、Crypto.com(旧モナコ)のウォレット&カードアプリは、リップル(XRP)を含む暗号資産を購入できる。決済処理プラットフォームXfersのサポートにより、USD、GBP、EURまたはSGDで暗号資産を購入可能。同社のWalletアプリを通じて、ユーザーは資産を安全に売買、送金、保存、追跡できる。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る