COIN TOKYO

¥792,287
BTC +0.25%
¥15,923
ETH +0.05%
¥24.28
XRP +0.30%
¥22,697
BCH +0.30%
  • 2019/11/30
  • 2019/11/30
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

「北朝鮮に暗号資産とブロックチェーン技術を教えた」-イーサリアム財団リサーチャーが逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加
「北朝鮮に暗号資産とブロックチェーン技術を教えた」-イーサリアム財団リサーチャーが逮捕 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
イーサリアム・ファウンデーションのリサーチャー、バーギル・グリフィス氏は、経済制裁を無視して北朝鮮に暗号資産に関する技術を提供した容疑でFBIに逮捕された事が分かった。

北朝鮮に暗号資産とブロックチェーン技術を教えた

バーギル・グリフィス被告のツイッターより
バーギル・グリフィス被告のツイッターより

グリフィス被告は北朝鮮に渡り、米国の国際緊急経済権限法(IEEPA)の制裁を回避する目的で、暗号資産とブロックチェーンテクノロジーの使用法のプレゼンテーションと技術アドバイスを提供した模様。

米国司法省の11月29日付のリリースによると、米国務省の禁止にもかかわらず、グリフィスは『平壌ブロックチェーンと暗号資産会議』に出席するため、2019年4月に北朝鮮に渡ったと告発されている;

「行ってはいけないという警告を受け取ったにもかかわらず、グリフィスは米国の最大の敵の1つである北朝鮮に移動し、ブロックチェーン技術を使用して制裁を回避する方法を聴衆に教えたと伝えられている。この苦情により、正義を求めるプロセスを開始します。」

グリフィスのLinkedInプロフィールによると、Consenysアカデミー出身者で、現在はイーサリアム財団のリサーチサイエンティスト。自身のウェブサイトによると、以前はハッカーだった。

グリフィスは、2008年6月26日に発表された大統領令13466号「北朝鮮に関する国家緊急事態の継続」の下、IEEPAに関連して告訴され、財務省外国資産管理局(OFAC)の下で執行される。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る