COIN TOKYO

¥791,053
BTC -0.13%
¥15,919
ETH -0.11%
¥24.21
XRP +0.13%
¥22,632
BCH -0.24%
  • 2019/12/03
  • 2019/12/03
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

香港とシンガポール当局は従来の金融規則を一つずつデジタル資産に適用する-インサイダー

このエントリーをはてなブックマークに追加
香港とシンガポール当局は従来の金融規則を一つずつデジタル資産に適用する-インサイダー +仮想通貨ニュースサイト コイン東京 
香港証券取引所の元マネージングディレクターで、シンガポール金融監督庁のデータコンサルタントのGao Han氏は、香港とシンガポールのデジタル資産取引の規制について語った。1日にbitalkが伝えた。

香港とシンガポール当局は規制をリードする

先月、シンガポールの中央銀行である通貨監督庁(MAS)は、暗号資産ベースのデリバティブについて、規制されたプラットフォームでの取引を認める規制案を提出した。同月、香港SFC(証券先物取引委員会)は、仮想通貨取引所を管轄下に置く規制枠組みを公開した。

12月1日に海南省科学技術部・財政監督局、三亜市党委員会などが共催した会議『海南国際オフショアイノベーションと先駆的デモンストレーションゾーン建設とブロックチェーン•デジタル資産取引技術イノベーションハイエンドフォーラム』で、Han氏は「シンガポールと香港は地理的に近く、アジアのデジタル取引センターと競争する上で、規制をリードする必要がある」と主張した。

Han氏によると、2つの場所で規制上の考え方は異なる。香港はトップダウンで迅速な管理手法を採る。一方シンガポールはボトムアップであり、MASの代表者はデジタル資産取引に関連する会社の多くに投資している。

確実なのは、(この市場が)取引量と市場価値の面で非常にアクティブなこと。Han氏は流動性を重視しており、流動性によってのみ合理的な価格発見が可能になると述べる。

「優れた技術と優れたデジタル資産、価格設定手段を備えた海南省のデモエリアでは、フローを実現するためにプラットフォームが必要であり、これを監視する必要があります。これはほんの一部であり、将来的には1兆元(15兆円)になる可能性があります。」

「私が香港証券取引所に参加した時、中国のプライベートエクイティファンドの市場価値は12兆元で、不動産市場全体の市場価値は1,000億元だった。私たちが現在見ているのは、わずか1,000億ドル(7042億元)のデジタル資産であり、将来の開発余地は兆兆兆(数十倍)です。」(Han氏)

Han氏によると、従来の産業におけるファンドや投資銀行業務に関係なく、『資産取引』として細分化されるだろう。同時に伝統的な金融世界のルールは、デジタル資産に一つずつ反映される必要がある。

関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る