COIN TOKYO

¥918,194
BTC -0.51%
¥17,782
ETH -0.42%
¥24.87
XRP -0.33%
¥31,197
BCH -0.16%
  • 2019/12/09
  • 2019/12/09
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は下値を切り上げる展開、大きな動きまで残りわずかとなるのか?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/9】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/9】
ビットコイン(BTC)は11月末から、買い注文量を急増させながら上値を試す展開を続けています。本日12月9日までに上値は全て20日移動平均線に抑えられた形となり、強力なレジスタンスラインが機能している相場ではありますが、下値も徐々に切りあがる展開を形成しています。ビットコイン(BTC)が大きな値動きを見せるまで残りわずかとなるのでしょうか?

ビットコイン(BTC)は下値を切り上げながらトライアングルパターンを形成中

ビットコイン(BTC)の対JPY4時間足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。本日12月9日までに、三度に渡り20日移動平均線に上昇を抑えられてきたビットコイン(BTC)は、強力なレジスタンスラインが機能している相場で推移しています。

しかし対する下値も徐々に切り上げる形を形成しており、現在のビットコイン(BTC)相場はトライアングルパターンを形成しているということになります。

トライアングルパターンは本日12月9日までに大きく収束する動きを見せており、揉み合いの値動きも長くは続きそうにありません。

トライアングルパターン形成中のビットコイン(BTC)はそのまま長期的な上昇トレンドを形作る可能性も控えられている状況です。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後注目するポイントとして、まずは現在形成されているトライアングルパターンの放れに注目です。

既にトライアングルパターンの収束点が近いビットコイン(BTC)は本日12月9日から一週間の間に大きな値動きを見せる可能性があるため注目しましょう。

急増した買い注文量の背景もあり、これまで弱気相場目線であったビットコイン(BTC)は少しずつ強気相場への意識も向き始めています。

仮に現在形成されているトライアングルパターンが上へ放たれた場合、75日移動平均線が推移する90万円台までの上昇も見込める形を形成することになります。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

トライアングルパターンから次なる相場へ移行する可能性があるビットコイン(BTC)、今後の値動きとしてはまず直近の上値・下値を抜けた値動きを見せた際に、トライアングルパターンの放れとなる値動きへ繋がりやすいため注意しましょう。

基本的には弱気相場目線が継続しているビットコイン(BTC)ですが、買い注文量の急増や、日足チャートでのMACDにてダイバージェンスが発生している点からこれまでの下降トレンドは終了しやすい状況となっています。

そのためトライアングルパターンは十分に上に放たれる可能性もあるため、期待できる相場とも言えるでしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

上述でもご説明したようにまずは直近の上値・下値に注目しましょう。

本日12月9日の場合、直近上値は82万6千円台、、直近下値は79万2千円台ということになり、これらの価格帯から大きく乖離する値動きを見せる場合、トライアングルパターンの放れに繋がる可能性があるでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

ビットコイン(BTC)を取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る