COIN TOKYO

¥914,073
BTC -0.33%
¥17,822
ETH -0.40%
¥24.81
XRP -0.42%
¥29,749
BCH -4.60%
  • 2019/12/11
  • 2019/12/11
  • コイン東京編集部 ヒロ

ネム(NEM/XEM)はカタパルトに向けて良ニュースが続く-ネムの今後を価格チャートから分析【12/11】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネム(NEM/XEM)の今後を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ネム(XEM)は形成していた三角持ち合いを下抜けし、弱気相場の継続が危険視されましたが、その後反発させ価格を戻しています。現在リターンムーブの動きが警戒されるネム(XEM)の今後を価格チャートから確認し、分析していきます。

ネム(NEM/XEM)のチャートから価格分析【2019/12/11】

9月にローンチした海外の取引所「Binance US」が、ネム(XEM)を含む18種類の通貨の取り扱いを検討していることを本日発表しました。



12月初旬にも国内取引所「GMOコイン」がネム(XEM)の取り扱いを発表しており、2020年2〜3月に予定されているネム(XEM)の大型アップデート"Catapult"に向けて各取引所からのポジティブニュースが続いています。

ネム(XEM)は三角持ち合いを下抜けするも価格を反発させる

ネム(NEM/XEM)の価格チャート①

対JPYのネム【XEM/JPY】1時間足チャートを確認していきます。

11月下旬から三角持ち合いを形成していたネム(XEM)は、12月に入ってから4円付近(緑)がレジスタンスとして意識され上値の重い展開が続いていました。

10日朝に持ち合いを下抜ける動きを見せ、再び3.7円付近のサポートを試しに行く展開が危険視されましたが、本日価格を反発させ現在三角持ち合いの下限ライン付近まで価格を戻しています。

ここで注視しておきたいのがリターンムーブの動きであり、現在三角持ち合いの下限ラインがレジスタンスとして意識されていると想定されます。

今後持ち合い内に価格を戻せれば再びレジスタンスを試す展開に期待ができ、4円付近の動きがポイントとなってくるでしょう。

セオリー通りリターンムーブで叩かれ価格を反落させた場合は、3.7円付近までの下落に警戒しておく必要があります。

下降チャネル内での価格推移が続くネム(XEM) 今後の注目ポイントは?

ネム(NEM/XEM)の価格チャート②

続いて対JPYのネム【XEM/JPY】日足チャートを確認していきます。

8月から続く下降チャネル内での価格推移が続くネム(XEM)ですが、ここで強く価格を反発させ直近のレジスタンス(4円)を上抜けられると、チャネル上限を試しにいく展開が期待できそうです。

今月22日付近までは日足雲が薄くなっている状況が続くので、このタイミングで日足雲上抜けを図りたいネム(XEM)ですが、今後価格を上昇させていった場合はまず下降チャネルの上限ライン付近の動きに注目しておきましょう。

日足水準で反発ラインとして意識しておきたいのは引き続き3.6円付近のサポート(青)、サポートラインを下抜けする展開となった場合はチャネル下限を目指す恐れがあり、3円付近までの下落が危険視されます。

GMOコインへの上場、Binance.USの上場検討ニュースなど良ニュースが続くネム(XEM)の今後の価格上昇に期待したいところです。


関連記事

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る