COIN TOKYO

  • 2019/12/12
  • 2019/12/12
  • コイン東京編集部

Twitterがソーシャルメディアの分散型標準の開発プロジェクト『bluesky』に出資

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterがソーシャルメディアの分散型標準の開発プロジェクト『bluesky』に出資 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
Twitterは、「ソーシャルメディアの分散型標準」の開発を目的に、独立オープンプロジェクト『bluesky』に出資した。

TwitterがSNS分散型標準の開発プロジェクトに出資

5人のオープンソースアーキテクト、エンジニア、デザイナーで構成される小規模の独立チームは、Twitterの資金提供によりソーシャルメディアの分散型標準をオープンに開発する。インターネットのオープンで分散化された原則を促進するblueskyの作業は、単一の民間企業が所有するのではなく、オープンで透明に進行する。

「最終的に、Twitterがこの標準のクライアントになることを目標としている」とジャック・ドーシー氏は述べた。

同氏は、誤解を招く情報や不健全な論争の助長など、集中型ソーシャルメディアサイトの現在の問題を強調した。これは現在のWeb2.0の問題とまとめられる。今後、分散化の原則とブロックチェーン技術からなるWeb3.0は、新たなソリューションとなるだろう。

「ようやく分散型アプローチをより実行可能にする新しい技術が登場しました。ブロックチェーンは、オープンで永続的なホスティング、ガバナンス、収益化の一連の分散型ソリューションを示す。やるべきことは沢山あるが、ファンダメンタルズは既に在る。」

ドーシーは、「健全な会話を促進」できるオープンな推薦アルゴリズムの構築にもフォーカスすると加えた。

ドーシーは米国のモバイル決済プロバイダーSquare(スクエア)の創設者兼CEOでもある。ミレニアル世代に人気の決済アプリ「Cash App」はビットコインを販売している。第3四半期にビットコイン売上高は過去最高の1億4,800万ドル(約159億円)となり、前期比20%増、前年同期比244%増加した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る