COIN TOKYO

¥927,701
BTC +0.74%
¥24,127
ETH +0.88%
¥25.30
XRP +0.77%
¥33,405
BCH +1.80%
  • 2019/12/13
  • 2019/12/13
  • コイン東京編集部

RippleNetに国際企業向けオンラインバンク3S Money Clubが加入

このエントリーをはてなブックマークに追加
RippleNetに国際企業向けオンラインバンク3S Money Clubが加入 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
9日、英国の国際企業向けオンラインバンク3S Money Clubは、RippleNetに参加して、国際送金業務を効率化することを発表した。

RippleNetに3S Money Clubが加入

世界中の300以上の金融機関のネットワークであるRippleNetは、ブロックチェーンの力を使用して、世界中でより高速かつ低コストの支払いを可能にする。3SのIvan Zhiznevskiy CEOは、Liknedinのリリースで以下のように述べた;

「Rippleの成長するグローバルネットワーク金融機関に参加することで、世界中の支払いを瞬時に確実に費用対効果の高い方法で処理できます。ネットワークメンバーは、標準化され検証された1つのプロトコルを介して、ライブクオートやペイメント指示などインスタントメッセージを交換できます。」

3SMCはこれまで、APIを介して4つの銀行パートナーと個別に接続してきた。一方、RippleNetは一つのAPIで各国の金融機関にアクセスできる。3SのCTO、Eugene Dugaev氏は説明した。

「RippleNetに接続すると、すべての参加者と直接通信できます。たとえば、顧客がマレーシアに支払う場合、現地のRippleパートナーは数秒でペイメント指示を受け取り、マレーシア国内のペイメントレールを介してすぐに決済します。」

Ripplenetメンバーもまた、英国のFaster PayまたはEU SEPAへのエントリーポイントとして3Sを選択できる。

3S Money Clubは、2009年からロンドンで活動している金融グループ。電子マネーの発行および支払いサービスの提供に関して、2011年に金融行為監督機構に承認されている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る