COIN TOKYO

¥913,560
BTC -0.37%
¥17,785
ETH -0.62%
¥24.76
XRP -0.63%
¥29,456
BCH -5.50%
  • 2019/12/14
  • 2019/12/14
  • コイン東京編集部

VeChain(VET)財団のファンドアドレスにハッキング、11億VET(約7億円)の損失

このエントリーをはてなブックマークに追加
VeChain(VET)財団のファンドアドレスにハッキング、11億VET(約7億円)の損失  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
日本時間13日9:27pm、VeChain(VET)の非営利組織VeChain Foundationの管理する『バイバックアドレス』がハッキングされ、11億枚のVETトークン(約7億円)が奪われた。VeChain Foundationは内部犯行と推測している。

財団のバイバックアドレスにハッキング

VeChain Foundationの2019年9月の財務報告によると、組織はトークンの総供給量の27.3%=237億VETを管理していた。11億VETのハッキングは、財団のホールディングの4.6%とVeChainの総供給(867億枚)の1.3%の損失を表す。

VeChain Foundationは、ハッキングが内部犯行によるものと指摘し、ブロックチェーンやスマートコントラクトに欠陥はないと強調した;

「セキュリティ違反は、財団に承認された標準プロセスに従うことなくバイバックアドレスを作成した財務メンバーの1人の不正行為である可能性が高い。...この事件は、実際の標準手順またはVeChainのハードウェアウォレットソリューションの有効性とはまったく関係がないことを強調したい。」

VeChainチームはハッカーのアドレスに関連付けられたアドレスリストを作成し、すべての取引所に送られた資金にフラグを立てて凍結するよう依頼した。また、シンガポールの法執行機関に報告し、サイバーセキュリティコンサルタント会社Hackenと協力して、事後対応を続けている。

プレス時、VeChainはニュースで5.8%減少した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る