COIN TOKYO

¥1,078,139
BTC +0.50%
¥28,979
ETH +1.85%
¥30.69
XRP +0.95%
¥32,230
BCH +0.65%
  • 2019/12/28
  • 2020/01/06
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)は2020年に1ドル~28ドル、海外アナリスト3者の予測

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル(XRP)は2020年に1ドル~28ドル、海外アナリスト3者の予測 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
海外メディアFxStreetのアナリスト Gregor Horvat氏は、2020年にデジタル資産XRPの価格が0.30ドルに達し、1.0ドルを上回る可能性があると指摘した。

XRPの市場サイクル

XRPは6月に2019年の最高値0.5139ドルを記録したあと、7月に0.4ドルのサポートを崩した。さらに10月と11月に市場全体の売却圧力が増加したため、0.20ドルの重要なサポートも失った。28日時点にXRPは0.1969ドルで取引されている。

XRP / USD日足チャート 引用:FxStreet
XRP / USD日足チャート 引用:FxStreet

それでもXRPの日足チャートはポジティブなシグナルを示している。RSIは「売られすぎ」にあり、反発は0.20ドルから0.30ドルに引き上げる可能性がある。また下降ウェッジパターンは今後のブレイクアウトを予期している。XRPは現在、ウェッジパターンを突破するための触媒と十分なボリュームを求めている。

XRP / USD、2020年価格予想 引用:FxStreet
XRP / USD、2020年価格予想 引用:FxStreet

FxStreetによれば、ビットコイン(BTC)の2020年の半減期がBTC価格を20,000ドルに押し上げる場合、資産間の相関関係に基づいてXRPは1.0ドル以上に上昇する可能性がある。

1.0ドルはXRPにとって保守的すぎるかもしれない。暗号通貨トレーダーD.I.Y Investingによると、XRPは次の強気サイクルで28ドルに達すると指摘した:

「周期を見ると、XRPは6か月~1年の強気サイクルの後に、2年間の弱気サイクルが続く傾向がある。2020年は次の強気サイクルに当たり、28ドル(に押し上げる)。」

機関の関心|エリオット波動理論

欧州の投資会社Exanteのアナリストは、XRPが2020年末までに約0.5ドルで取引されると予測している。

「2019年のXPRの価格は、他の主要なトークンと比較して非常に安定していた。ETHやBTCのレートはそれぞれ3・4倍変化したが、XRPは0.24〜0.48ドルの範囲(2倍の変動幅)となった。XRPは一時的に低下しているがダイナミクスは緩やかだ。9月に全体の暗号市場が15%失った一方で、XRPの損失は7%に抑えられた。安定したレートは多くの投資家、特に機関にとって重要な指標。長い目ではBTCよりもXRPに大きな関心を持つかもしれない。将来的には、安定性の要因により他の暗号資産よりもXRPの価格が高騰する可能性がある。XRPは今後数週間0.2〜0.3ドルの範囲に留まり、年末までに0.5ドルを超える可能性がある。」

XRP / USDエリオット波動分析 引用:FxStreet
XRP / USDエリオット波動分析 引用:FxStreet

Gregor Horvat氏によると、来年は“2021年”の次の上昇相場の基盤となる年。ビットコインの半減期を経たあと、2020年末頃から2021年初頭にかけて強気相場がスタートするだろう。

Horvatはエリオット波動理論に基づいてXRPが現在、第4波のサポートゾーンにあると指摘。XRPが2020年の大半で0.3ドル~0.50ドルで取引され、2020年末に向かって1.0ドル以上に上昇、2021年に3.0ドルに照準を定めると予想した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る