COIN TOKYO

  • 2020/01/06
  • 2020/01/06
  • コイン東京編集部

2020年に半減期を迎えるアルトコインが市場を牽引:ビットコインキャッシュは続伸

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年に半減期を迎えるアルトコインが市場を牽引:ビットコインキャッシュは続伸  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
暗号市場では強気筋が徐々にポジションを取り戻しているようだ。ビットコインキャッシュ(BCH)は6日に236.25ドル前日比+5.45%で取引され、7週ぶりの高値を更新している。

ビットコインキャッシュは続伸

BCH / USD日足チャート
BCH / USD日足チャート

4月に半減期を迎えるビットコインキャッシュ(BCH)は、222ドルの抵抗線を越えて上昇フェーズに入ろうとしている。BCH価格は先週金曜日に週の安値191.77ドルから回復。213レベル近くのネックラインを上回り、強気の反転パターンである逆三尊型が確認された。
ビットコインキャッシュ(BCH)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

強気筋は229.61ドルの100日指数移動平均(EMA)もクリアしており、BCHは今後数週間かけて200日EMAである262.95ドルをターゲットに推移すると考えられる。

2020年に半減期を迎えるアルトコインが市場を牽引

2020年に半減期を迎えるアルトコインの1月の上昇幅
2020年に半減期を迎えるアルトコインの1月の上昇幅

暗号資産市場では強気筋が徐々に購入し始めている。6日夜に、ビットコインキャッシュと同時期に半減期を控えるビットコインサトシビジョン(BSV)が116.77ドル(+6.55%)で取引されている。

また、5日にブロック報酬の半減期を迎えたビーム(BEAM)が0.6076ドル(+12.3%)、半減期を12月に迎えるジーキャッシュが32.17ドル(+4.25%)と、ビットコイン7520ドル(+0.74%)の上昇幅を上回った。Coinmarketcapによると、過去1週間に市場規模は1972億ドルから2013億ドルに上昇、ビットコインの占有率は68.2%から67.94%に微かに減少した。

1月12日にブロック番号9,573,000でハードフォーク『Agharta』を実施するイーサリアムクラシック(ETC)も5.05ドル(+3.68%)と堅調だ。Three Arrows CapitalのSu Zhu CEOによると、ETCは1,000万ブロックで報酬低減(20%カット:ECIP-1017より)を控えており、半減期を迎える他のコインと共に注目されている。

暗号資産トレーダーLoma氏によると、0.0006410 BTCの抵抗ラインをブレイクしたイーサリアムクラシック(ETC)は、現在0.0007000 BTCをターゲットに推移する可能性がある。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る