COIN TOKYO

¥966,859
BTC -0.17%
¥24,452
ETH -0.49%
¥25.42
XRP -0.47%
¥35,681
BCH -1.02%
  • 2020/01/12
  • 2020/01/12
  • コイン東京編集部

ビットコインに2019年3月以来の『買いシグナル』-市場感情も徐々に強気に推移

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインに2019年3月以来の『買いシグナル』-市場感情も徐々に強気に推移 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
強気の感情はビットコイン(BTC)市場に戻りつつあるようだ。2020年にビットコイン(BTC)は13%成長しており、重要な『買い』シグナルが2019年3月以来初めて点灯している。

プロトレーダーが使う仮想通貨取引所!
初心者でも安心して取引できる「BitMEX」

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

ビットコインに2019年3月以来の『買いシグナル』

11日にビットコイン(BTC)は7,700ドルの安値から8,250ドルに回復した。わずかに下落したが、心理的に重要な8,000ドルのサポートを守っている。中東の地政学的な緊張が落ち着き始める中、ビットコイン(BTC)は依然として強気の勢いを維持している。

50日移動平均線は2019年9月以来初めて上昇し、ポジティブな兆候を示している。週足チャートも50週と200週移動平均線は依然として上昇傾向にある。

暗号通貨アナリスト「Financial Survivalism」は、長期的なテクニカル指標『Lucid SAR』に基づいて、2019年3月以来の『購入』シグナルを指摘した。

「2018年8月以降、Lucid SARはビットコインを1,000%以上下落させてきた。2019年3月以来初めて購入シグナルを示している。」

この指標は放物線相場のストップとリバースを示すシグナルだ。資産の中期的な勢いを指し示す。点線はトレンドをフォローし、価格が上昇傾向にある場合はローソク足の下部、価格が下降傾向にある場合は上部に配置される。

ビットコインのLucid SAR
ビットコインのLucid SAR

ビットコインのLucid SARは6か月間の下降トレンドの末にローソク足を下回った。前回この状況が起きたのは2019年3月。その後ビットコインは250%上昇した。

有名なブロックチェーンアナリスト「Willy Woo」も、オンチェーン指標に基づいてビットコインの価格上昇に同意している。4週間前の独自の購入シグナルに基づいて、1週間前からロング(買い)ポジションに入ったと述べた。

『Bitcoin Fear&Greed Index(恐怖と欲望指数)』 引用:Alternative.me
『Bitcoin Fear&Greed Index(恐怖と欲望指数)』 引用:Alternative.me

12日に、ビットコインの『恐怖と欲望指数』は指数は「Neutral(中立)」の範囲に移行して、昨年11月7日以来の高水準(100中50)に達している。Alternative.meが提供する『Bitcoin Fear&Greed Index(恐怖と欲望指数)』は、5つの情報源から日々のデータを収集しています。主にビットコイン価格とニュースの影響を受けて変動する。
ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る