COIN TOKYO

¥1,072,376
BTC -0.31%
¥28,459
ETH -0.02%
¥30.49
XRP +0.87%
¥32,126
BCH -0.29%
  • 2020/01/18
  • 2020/01/18
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は上昇チャートと共に買い注文量も更に増加!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【1/18】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
現在上昇チャートを継続しているビットコイン(BTC)、1月17日に抵抗線の可能性となる価格帯を突破したことで大台到達の可能性が更に高まる展開を見せています。今後ビットコイン(BTC)はどのような展開を見せるのでしょうか?

プロトレーダーが使う仮想通貨取引所!
初心者でも安心して取引できる「BitMEX」

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

ビットコイン(BTC)はフィボナッチライン突破と共に強気ムードさらに高まる!

ビットコイン(BTC)の対JPY4時間足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。2020年1月より上昇チャートを継続しているビットコイン(BTC)は、2019年10月から形成された下降チャートに対するフィボナッチラインに1月15日に接触、短期的なレンジ相場を形成しました。

フィボナッチラインでの反落は2019年10月以降からの下降チャートが継続される可能性もあったビットコイン(BTC)ではありましたが、1月17日に遂にフィボナッチラインを突破。これまで危惧されていた抵抗線を突破することに成功しています。

また1月17日の上値更新と共に、これまでベクトルを下方へ傾けていた買い注文量も再び上昇方向へ動き出しています。

そのため今後のビットコイン(BTC)チャートでは暫く強い買い圧力も後押しとなり、更に上値を更新する可能性があります。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後注目したいポイントとして、大台である100万円台接触時の反応です。

1月17日より再び買い注文のベクトルが上方へ傾きだした中、違う目線で捉えると、短期的な買い注文が解消されるタイミングが今後あるということになるでしょう。

そのタイミングがまさに大台である100万円台から直近上値のレジスタンスラインである104万円台ということになり、一時的な売り圧力が加わりやすい相場ということになります。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後の値動きとして、フィボナッチラインを抜け、買い注文量も再び上昇する動きを見せているビットコイン(BTC)が100万円台へ到達するのも時間の問題となっているのではないでしょうか。

しかし大台から直近上値のレジスタンスライン近辺ではこれまでの上昇チャートに対する大きな調整の値動きが加わる可能性があります。

現在の上昇チャートは1月3日から開始しており、本日1月18日までに上昇チャート形成から約15日間経過しています。

既に15日移動平均線との乖離も強くなっていることから、調整の値動きは一度移動平均線へ接触するところまで下落する可能性は十分にあり得ます。

しかし長期的に見た場合、2020年はビットコイン(BTC)の半減期という強気なファンダメンタル要素もあるため、長期的な目線は引き続き強気相場ということになります。
ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後注目したい価格帯として、上値に関しては大台である100万円台から直近上値のレジスタンスラインが推移していた104万円台で反落の値動きを見せる可能性があるため注意しましょう。

下値に関しては移動平均線での反発に注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る