COIN TOKYO

¥1,057,446
BTC -0.72%
¥28,846
ETH -0.94%
¥30.79
XRP -1.32%
¥32,203
BCH -4.80%
  • 2020/01/21
  • 2020/01/21
  • コイン東京編集部

「ビットコインとアルトコインの価格は2020年末までにさらに高騰」-レンディング企業BlockFiのCEO

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ビットコインとアルトコインの価格は2020年末までにさらに高騰」-レンディング企業BlockFiのCEO +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
20日のBlockchain VCのインタビューで、BlockFiのザック・プリンスCEOは、5月にブロック報酬の半減期を控えるビットコインの価格について「本当に強気」であり、2020年末までに「大幅に高騰する」と語った。

世界では仮想通貨取引量は上昇中!
世界基準の安心・操作性を求めるならBitMEX

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

暗号資産は2020年末までにさらに高騰

CME(シカゴマーカンタイル取引所)は最近、ビットコイン先物オプションを開始した。プリンス氏の確信はこれらの新製品のリリースに裏付けられている。同氏は機関および一般投資家の採用が増加していると強調し、他の伝統的な機関投資家も今年、暗号市場向けの製品を開発するトレンドがあると加えた。

一般投資家の分野でも「エキサイティングなトレンド」があるという。米国を含む各国のフィンテック企業はプラットフォームで暗号資産のサポートを追加し、「既存な報酬構造」と統合されようとしている。

「これらのユースケースは本当にエキサイティングで、消費者の価値提案の観点から非常に説得力があります。価格パフォーマンスのドライブ要因の1つであり、絶え間ない購入圧力を市場にもたらすのに役立つと思います。」

例えば、昨年11月にスイスのフィンテック企業Amun AGは、仮想通貨テゾス(XTZ)をベース資産とする新しいETP(上場投資商品)「XTYZ」を発表した。年末までにXTZの価格は倍増した。今月、リップルとSBIが支援する暗号資産ウォレットBRDは、銀行を含む大企業向けのビジネスをローンチした。

BlockFiは、投資家がビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ジェミニドル(GUSD)等を預けて、利息を稼ぐ事ができる仮想通貨レンディングサービスだ。今月8日に同社はサポートされる暗号資産リストにライトコイン(LTC)とUSD Coin(USDC)を追加した。

顧客は、BlockFi Interest Account(BIA)を通じて毎月複利を獲得できる。USDCの年利(APY)は8.6%、LTCのAPYは3.8%だ。BTCとETHのAPYはボリュームにより変動するが、基本テーブルは6.2%と4.1%に設定されている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る