COIN TOKYO

¥1,065,608
BTC -0.16%
¥29,152
ETH -0.44%
¥31.20
XRP -1.01%
¥33,859
BCH +0.12%
  • 2020/01/21
  • 2020/01/21
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は移動平均線に支えられながら再び上昇への値動き!リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【1/21】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
1月よりレンジ相場を継続させているリップル(XRP)ですが、1月19日より下値に中期移動平均線がサポートラインとして機能しています。移動平均線を完全に上回った値動きを続けるリップル(XRP)は本日1月21日に五度目の上昇を見せています。リップル(XRP)は遂に上昇チャートを形成することになるのでしょうか?

リップル(XRP)のサポートライン形成後の上昇に期待!

(TraidingViewのXRP/BTC 4時間足チャート)

XRP/BTCの4時間足チャートを分析していきます。1月上旬より0.000025BTC台をサポートラインとしてレンジ相場を形成しているリップル(XRP)は、これまで複数回上昇の値動きを見せながらも全て強い売り圧力によりすぐに反落を起こし続けてきました。

本日1月21日も、リップル(XRP)相場は依然レンジ相場の価格帯内で推移していますが、1月19日以降のリップル(XRP)相場に大きな変化点が生まれています。

1月19日以降のレンジ相場では20日移動平均線が下値を支えており、揉み合いながらも下値に対して新たな支持線が生まれた可能性があります。

移動平均線による支持は本日1月21日まで続いており、更に大陽線の形成となりました。

大陽線形成後、これまではすぐに反落を起こしていたリップル(XRP)ではありますが、今回は現在のところ強い反落が見られておらず、遂にリップル(XRP)が揉み合いの値動きから上昇チャートを形成する可能性が生まれています。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

(TraidingViewのXRP/USD 4時間足チャート)

XRP/USDの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは1月上旬より上昇チャートが継続していました。

しかし1月18日に、2018年から長く機能している転換線に接触したリップル(XRP)はそれまでの上昇チャートの動きを一時止止める形となりました。

上昇を止めたリップル(XRP)は、75日移動平均線に下値を支えられた値動きを見せていますが、上値が切り下げ始めようとしているようにも捉えられます。

今後法定通貨のリップル(XRP)チャートを見ると、現在の上昇チャートが直近上値に到達する前に反落を起こす場合、75日移動平均線をネックラインとしたhead and shoulderが形成されることになり、下降シグナル形成の可能性が高まるため注意が必要です。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

対法定通貨チャートでのチャート予測をします。

過去から長く機能する転換線に接触後、上昇の勢いを弱めたリップル(XRP)。反落後は75日移動平均線に支えられているものの、現在の上昇チャートが1月18日時点から上値を切り下げる形をとった場合、head and shoulderの形成も考えられるため、警戒は必要でしょう。

仮に現在の上昇チャートが再び直近上値まで到達する場合、再び反落を起こす可能性はありますが、head and shoulderの可能性は否定され、一つの不安感は解消されることになります。

どちらにしても、重要なポイントはネックラインになりつつある75日移動平均線でサポートされながら、転換線を突破できるかということになるでしょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

今後注目したい価格帯として、上値に関しては過去から長く転換線として機能している0.025ドルとなります。

下値に関しては75日移動平均線が推移する0.226ドルに注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る