COIN TOKYO

¥1,065,608
BTC -0.16%
¥29,152
ETH -0.44%
¥31.20
XRP -1.01%
¥33,859
BCH +0.12%
  • 2020/01/23
  • 2020/01/23
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は上昇チャートを終え、揉み合い続く!今後の展開は?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【1/23】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【1/23】
2020年1月上旬より上昇チャートを形成してきたビットコイン(BTC)は大台である100万円台へ接触後、それまでの上昇を止め、揉み合いの値動きを続けています。揉み合い相場ながらも、依然強気相場目線が続くビットコイン(BTC)ですが、今後も揉み合いの値動きが続く場合、相場観が少し変化していく見通しが立っています。

コイン東京専属プロトレーダーも使用!
仮想通貨取引なら圧倒的出来高・操作性のBitMEXがおすすめ!

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

ビットコイン(BTC)はこのまま揉み合い相場を続けると、上昇トレンド終了のサインも

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。1月19日に大台である100万円台へ接触したビットコイン(BTC)は、一度下値を93万円台まで落とし、その後レンジ相場を形成しています。

大台から一度反落を起こしたビットコイン(BTC)は現在警戒したムードが漂っており、方向感の無い値動きへ繋がっている可能性が考えられます。

その中で、今後もレンジ相場を継続させる場合、MACDの観点では、デッドクロスが発生する可能性も生まれており、これまで続いていた上昇チャートが一度終了するシグナルが発生し、、これまでの上昇が一度終える可能性も生まれてきました。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後のポイントとして、MACDでのデッドクロスが相場を予期相場へ意識させるのか注目です。

現在のビットコイン(BTC)相場では、ファンダメンタル要素として、ビットコイン(BTC)の半減期も控えていることもあり、長期的な買い注文を保持している取引者も多く存在するでしょう。

そのため、買い注文量が大きく解消され、これまでの上昇チャートが全て戻されるという展開は今のところ考えにくいものの、デッドクロスの完成は短期的な買い注文が手放されるためのトリガーとはなりやすい相場です。

そのためMACDのデッドクロス完成時のビットコイン(BTC)が更に下値を下げる可能性は十分に考えられるため注意は必要です。

短期的には下落の可能性も徐々に高まっていますが、長期的には強気相場目線が継続となっています。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後の予測される値動きとして、本日1月23日から明日1月24日には一時的に下値を落とす展開へ繋がりやすい相場のため警戒が必要です。

仮に下値を落とす値動きを見せる場合も、20日移動平均線が推移する90万円台から91万円台までの下落は、強気相場目線の中で想定内と判断することが出来るため、強い買戻しに注目しましょう。

20日移動平均線を下回る場合、相場観は大きく変化します。これまで強気相場目線となっていたビットコイン(BTC)が長期的にも弱気相場が意識される展開へと切り替わります。
ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後注目するポイントとして、下値に関してはMACDのデッドクロスも発生する可能性が高いことから20日移動平均線が推移する90万円台から91万円台での強い買戻しに期待しましょう。

上値に関しては引き続き大台である100万円台突破に期待しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る