COIN TOKYO

¥1,080,430
BTC +0.03%
¥29,567
ETH -0.07%
¥30.68
XRP +0.00%
¥32,264
BCH +0.11%
  • 2020/01/24
  • 2020/01/24
  • コイン東京編集部

BitMEXが米ドル建てのリップル(XRP)永久スワップをリリースへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
BitMEXが米ドル建てのリップル(XRP)永久スワップをリリースへ  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
暗号資産デリバティブ取引所BitMex(ビットメックス)は米ドル建てのリップル(XRP)の無期限先物『XRPUSDスワップ』を1月31日にリリースする。商品の詳細は1月24日にテストネットで公開される。

世界では仮想通貨取引量は上昇中!
世界基準の安心・操作性を求めるならBitMEX

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

BitMEXが米ドル建てのリップル(XRP)永久スワップをリリースへ

これまでBitMexはビットコイン建てのXRP永久スワップ(XRP/BTC)を提供してきた。永久スワップは先物と異なり満期・決済がない代わりに、8時間ごとにファンディング手数料 (資金調達)を徴収する。

BitMEXにとって米ドル建ての商品はビットコイン、イーサリアムに続いて3つ目となる。BitMEXではビットコインのみを証拠金の担保に受け入れており、イーサと同様XRPは「クアント・デリバティブ」形式でリリースされる。

同時にBitMexは、XRPのオプション商品『UP/DOWNコントラクト(XBT7D_U105、XBT7D_D95)』を1月31日に廃止することを発表した。BitMexによると、2つの契約は通常どおり決済され、その後新規契約は取り扱われない。

引用:cryptocompare_exchange_review_2019_12
引用:cryptocompare_exchange_review_2019_12

Crypto Compareが発表したレポートによると、BitMEXのBTC永久先物の12月の取引量は531億ドル(前月比-28%)、OKEx(996億ドル)とHuobi(765億ドル)に次いで市場3番目のシェアだ。BitMEXのETH永久先物は月間36億ドルで市場全体の44%を占めている。

OKExとBinanceは既にXRPを含む複数の仮想通貨のUSDT(テザー)建ての永久スワップをリリースしており、ユーザーと取引量を獲得している。

BitMEXではビットコインのみを証拠金の担保に受け入れている。永久スワップのロスカットの度に積み上げられる清算保険基金は昨年12月30日に33491BTCに達し、1年間で13,000 BTC増加していた。


関連記事
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

おすすめのバックナンバー

人気記事ランキングまとめ

もっと見る