COIN TOKYO

¥1,072,376
BTC -0.31%
¥28,459
ETH -0.02%
¥30.49
XRP +0.87%
¥32,126
BCH -0.29%
  • 2020/01/25
  • 2020/01/25
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は警戒強まる値動き!下値を徐々に更新!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【1/25】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
1月19日までに大台である100万円台まで価格を上昇させたビットコイン(BTC)でしたが、大台接触後、暫くしてから出現した大陰線の形成により警戒心が上昇。下値を徐々に更新させる値動きを見せています。ビットコイン(BTC)はこのまま更に下値を落とすことになるのでしょうか?

コイン東京専属プロトレーダーも使用!
仮想通貨取引なら圧倒的出来高・操作性のBitMEXがおすすめ!

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

ビットコイン(BTC)は短期的な下降チャートを形成!中期移動平均線で支えられるのか?

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。1月19日に大台である100万円台まで価格を上昇させているビットコイン(BTC)は、大台接触後の大陰線形成をきっかけに徐々に下値を更新する値動きへ切り替わっています。

短期的な下降チャートは既に20日移動平均線へ接触しています。今後20日移動平均線で買戻しの展開に期待したいところではありますが、20日移動平均線接触後の反発は限定的であり、依然ビットコイン(BTC)相場には警戒が強まっている状況といえるでしょう。

今後更に20日移動平均線をブレイクしてしまった場合、ようやく訪れた強気相場目線から弱気相場への意識が大きく高まる展開へと切り替わることになります。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後注目したいポイントとしては、まずは現在接触している20日移動平均線に対しての値動きです。

既に20日移動平均線に接触後も限定的な反発を見せているビットコイン(BTC)は弱気相場が意識される展開が強まっています。

仮に20日移動平均線を完全に下回る形となってしまった場合、これまで続いていた強気相場目線から弱気相場が意識され、75日移動平均線が推移する87万4千円台まで下値が意識されることになるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後予測される値動きとして、20日移動平均線に接触後、限定的な反発を見せているビットコイン(BTC)は更なる下値更新も考えられる状況です。

しかしこのまま20日移動平均線上で短期的なレンジ相場を形成する場合、強気相場のビットコイン(BTC)に対するサポートラインが形成されているという相場観も生まれる要因となりやすい状況ではあります。

明確なサポートラインは、ビットコイン(BTC)相場に買戻しの動きを誘発させる場合が多々みられるため、まずは20日移動平均線から明確なブレイクがすぐに起きないかどうか注目です。
ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後注目したい価格帯として、現在20日移動平均線が推移している91万円台近辺には注目です。

20日移動平均線がサポートラインとして機能する場合、5日移動平均線が推移する93万円台のブレイクに期待しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る