COIN TOKYO

¥1,079,142
BTC +0.26%
¥29,040
ETH +0.24%
¥30.60
XRP -0.19%
¥33,390
BCH +0.92%
  • 2020/02/04
  • 2020/02/04
  • コイン東京編集部

リップルODLのオーストラリア(XRP / AUD)ルートが1月に急増|RippleNetパートナーとの双方向送金に意欲-FlashFX CEO

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルODLのオーストラリア(XRP / AUD)ルートが1月に急増|RippleNetパートナーとの双方向送金に意欲-FlashFX CEO +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
リップル社の国際送金ソリューション『ODL(On-Demand-Liquidity)』を利用する、オーストラリアの国際送金プラットフォームFlashFXの共同設立者ニコラス・シュタイガー氏はRippleNetパートナーとの双方向送金に意欲を示した。

世界では仮想通貨取引量は上昇中!
世界基準の安心・操作性を求めるならBitMEX

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

RippleNetパートナーとの双方向送金に意欲

ODLはデジタル資産XRPをブリッジ通貨とすることで送金国の準備金の必要性を排除する。FlashFXは、『On-Demand Liquidity(ODL)』を導入したオーストラリアで最初の企業だ。

シュタイガー氏はXRP Chatが24日に開いたオンライン質問会(AMA)で、「今後1~5年に、稼働しているRippleNetのすべてのエンドポイントとのODLの双方向送金が駆動することを期待している」と語った。さらに、2020年に予想される送金先について、「年末までに20の別々の送信/受信エンドポイントを持つことが可能と考えている」と加えた。

「当社は利用可能なODL宛先に接続すると同時に、RippleNet参加者と提携していきます。第1四半期の終わりに3〜5件の追加参加者を見込み、第2四半期にパイプラインは、FlashFXとの接続に関心を持つ企業が溢れているでしょう。」

RippleNetは、ブロックチェーンの力を使用して世界中でより高速かつ低コストの支払いを可能にする世界中の300以上の金融機関のネットワークだ。

引用:Twitter @hmatejx
引用:Twitter @hmatejx

1月8日以降、オーストラリアの送金ルート(XRP / AUD)は大幅に拡大している。1月29日週の流動性インデックスは約180万XRP(408,780ドル相当)を記録、1月の送金量は約700万ドルに上った。


関連記事













仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る