COIN TOKYO

¥1,078,128
BTC +0.16%
¥29,057
ETH +0.23%
¥30.67
XRP -0.08%
¥33,418
BCH +0.91%
  • 2020/02/05
  • 2020/02/05
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)の上昇する勢いが徐々に弱まりつつある相場!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【2/5】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【2/5】
1月より上昇チャートを形成し続けてきたビットコイン(BTC)ではありますが、2月に入りその上昇の値動きが徐々に弱まりつつある状況です。このままビットコイン(BTC)の価格が下落する場合、これまで継続していた強気相場が終了するシグナルも出現する場合があり、注目したいタイミングとなっています。

コイン東京専属プロトレーダーも使用!
仮想通貨取引なら圧倒的出来高・操作性のBitMEXがおすすめ!

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

過去のレジスタンスラインに上昇を抑えられ続けているビットコイン(BTC)、上値も徐々に切り下がる

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。1月上旬から上昇チャートを形成しているビットコイン(BTC)は既に大台である100万円台を突破することには成功しているものの、2019年10月末からのレジスタンスラインに上昇を抑えられた展開が続いています。

レジスタンスライン接触後、大きな反落は見られてはいませんが、徐々に上値を切り下げる展開を見せ始めているビットコイン(BTC)。現在の価格帯からの一時的な下落はMACDにてダイバージェンスを発生させる可能性も控えており、1月tから続いていた上昇トレンドが終了する可能性を示唆することになります。

現在は上値は切り下がりながらも、下値事態は大きく下値を落としていないため、反落しているとは言えませんが、警戒は必要な相場でしょう。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

過去のレジスタンスラインに接触した後より、上昇の勢いを止めているビットコイン(BTC)、どこまでが反落の許容内となるのでしょうか?

まず注目したいポイントは20日移動平均線となります。

1月から上昇チャートを形成しているビットコイン(BTC)は1月19日から一度比較的強い反落が起きました。しかし反落は20日移動平均線に接触したことにより、買戻しが発生。結果更に上値を大きく伸ばす展開を迎えています。

今後のビットコイン(BTC)相場も同様に20日移動平均線上から買戻しの動きが確認される可能性は十分にあるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

既に徐々に上値を切り下げ始めているビットコイン(BTC)は一度20日移動平均線が推移する価格帯まで反落する可能性も頭に入れておきましょう。

また現在の暗号通貨相場では有名なアルトコインであるリップル(XRP)の急騰も目立ちます。

現在安吾通貨相場ではリップル(XRP)への資金流入が予測され、ビットコイン(BTC)の買い注文が少なくなりやすい相場でもあります。

暗号通貨市場全体から捉えても、ビットコイン(BTC)は一時反落する可能性が考えられます。
ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後注目したい価格帯として、上値に関しては104万円台近辺に注目しましょう。

下値に関しては97万円台近辺で買戻しの値動きが見られるのか注目です。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る